生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. アイシングクッキーの作り方

アイシングクッキーの作り方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

クリスマスやお誕生日、バレンタインに、ハロウィンなど、1年には様々な楽しいイベントがありますよね!

そんなときに、アイシングクッキーを作ってみるというのはどうですか!

今回はアイシングクッキーの作り方をご紹介します!

用意するもの

  • 焼いたクッキー(作ったものでも既製品でも)
  • 卵白(約1/2個)
  • パウダーシュガー(粉砂糖)
  • レモン汁
  • 食紅
  • 絞り袋

STEP1:卵白を練ります

泡立てるのではなく、練って練って真っ白になるまでに練ります。

そうそう白くはなりません。でも泡立ててはダメです。ひたすらがんばって練ります。

STEP2:パウダーシュガーを入れます

卵白が真っ白になるまで練り終わったら、パウダーシュガーを入れます。

表面に塗る用

パウダーシュガーをやや少なめに入れ、レモン汁を小さじ半分加え、なめらかな感じにします。

点や絵を描く用

パウダーシュガーをやや多めに入れ、レモン汁を小さじ半分加え、固めな感じにします。

STEP3:色をつけます

先ほど作った、卵白&シュガーパウダー&レモン汁を小さな容器に小分けにし、食紅を加え、それぞれに好きな色をつけます。

食紅はほんの少し入れただけでも結構色がつくので、様子を見ながら濃さなどを調整してください。

ここで一晩置くと、よりはっきりとした発色になります

STEP4:絞り袋に入れます

絞り袋に詰め、先を少し切ります。

細く切ったつもりでも、実際に出る量は多めになってしまったりすることがあります!様子を見ながら、少しずつ線の細さなどを調整してください!

STEP5:レッツお絵かき!

好きな色のアイシングの元を作ったら、さあ実際にクッキーなどにお絵かき!

わたしは自分で事前に焼いておいたココアクッキーにアイシングをしていきましたが、市販のビスケットやクッキーにしても楽しいです!

ゆるく作ったものはスプーンなどですくってクッキーの表面に塗ります。

楽しいポイント

アイシングの元は例の写真のように、ココアクッキーなど、下地に色が付いているものなら食紅などを使わず、白いままのものでも十分楽しめます。

さらに、絵を描いたあと、アラザン(銀のつぶつぶ)や、砂糖でできた飾りや、小さいチョコレート、ナッツなどを乗せるともっと華やかになります。

描き終わったら常温で乾かしてできあがり。

おわりに

ちょっと準備が大変なのですが、家族や友達みんなと作れば絶対楽しいです!!

プレゼントにも最適です☆

この記事で使われている画像一覧

  • 20100907150554
  • 20100907150816
  • 20100907151027
  • 20100907150928

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る