生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. キーワードは「シュルル~」と「ぱっ!」打ち上げ花火の種類を見分ける方法

キーワードは「シュルル~」と「ぱっ!」打ち上げ花火の種類を見分ける方法

2012年08月31日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

夏の風物詩と言えば「花火」ですが、花火大会で上がる打ち上げ花火の種類を見分けられる人は案外少ないと思います。花火の種類を見分けられると楽しさが倍増するわけではないですが、夏の風物詩を人一倍楽しむために、花火の種類を紹介します。

菊花火

菊花火とは「上空で花火玉の中心の割火薬が玉を割り、各星を飛ばした直後に『引き』の屑から燃えて飛んでいく」花火のことをいいます。一言でいうと「シュルシュル〜」と落ちる花火です。

菊花火の見分け方は「音がなってから、すぐに消えないか」です。すぐに消えずに火薬が残っている花火が菊花火です。菊花火の中でも下記の様に種類があります。

  • 芯入り菊(花火の中にもう1つ丸い花火があるもの)
  • 八重芯変化菊(花火の中に二重の丸い花火があるもの)
  • 三重芯変化菊(花火の中に三重の丸い花火があるもの)
  • 五重芯変化菊(花火の中に五重の丸い花火があるもの)
  • 染め分け菊(花火の右半分と左半分で色が異なるもの)
  • 菊に浮模様(花火の後に周りに小さな花火が光るもの)
細かい説明や写真はこちら

牡丹花火

牡丹花火とは「上空で花火玉の中心の割火薬が玉を割り、爆発直後から特定の色を出して星が飛んでいく」花火のことをいいます。一言でいうと「ぱっ!」と光る花火です。

牡丹花火の見分け方は「音がなってから、すぐに消える」ことです。直ぐに火薬も消える花火が牡丹花火です。牡丹花火の中でも下記の様に種類があります。

  • 紅牡丹(紅の光を出す花火)
  • 青牡丹(青の光を出す花火)
  • 紅緑牡丹(紅の光を出した後、緑に変わる花火)
  • 芯入り銀牡丹(銀色の光を出す花火)
  • 五色牡丹(五色の光を出す花火)
細かい説明や写真はこちら

葉落

葉落花火とは「気の葉がハラハラと落ちる様に上空で舞いながら、落ちていく」花火のことをいいます。一言でいうと「ヒラヒラ〜」と落ちる花火です。

葉落花火の見分け方は「光ってから、葉っぱがゆらゆら光りながら落ちていく」ことです。ゆらゆら光りながら落ちる花火が葉落花火です。葉落花火には細かい種類がありません。

細かい説明や写真はこちら

おわりに

夏の風物詩の打ち上げ花火の代表的な種類を紹介しました。

「菊」と「牡丹」は非常に有名なので覚えておいて損はないと思います。キーワードは「シュルシュル~」と落ちるのが菊、「ぱっ!」と光るのが牡丹です。

本記事は、2012年08月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る