生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ミュンヘンを楽しもう!おすすめ観光スポットと楽しみ方

ミュンヘンを楽しもう!おすすめ観光スポットと楽しみ方

2012年08月29日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ドイツ南部に位置するバイエルン州の州都ミュンヘン。ドイツの首都ベルリンを日本の東京に例えるなら、ミュンヘンは大阪を連想させる明るくて庶民的な雰囲気の街です。

ここでは、ミュンヘンのおすすめ観光スポットと楽しみ方をご紹介します。

2012年8月現在の情報です。

おすすめ観光スポット

フラウエン教会(Frauenkirche)

ミュンヘン中央駅から街の中心地へ向かって歩くこと約10分、屋根が特徴的な2つの塔を持つ大きなフラウエン教会が見えてきます。かわいらしい外観はもちろん、シンプルですが壮大な造りの教会内部も必見です。

フラウエン教会は駅から歩いてきた大通りから少しそれたところにあります。見逃さないように気を付けましょう。

新市庁舎(Neues Rathaus)

フラウエン教会から徒歩数分のところに、ドイツ最大の仕掛け時計が有名な新市庁舎が建っています。

仕掛け時計はほぼ毎日決められた時間に動き出します。時間になると、新市庁舎前のマリエン広場には仕掛け時計を一目見ようと多くの人で賑わいます。

仕掛け時計は一部祝日を除く毎日、11時と12時(3月~10月のみ17時も)の約10分間動きます。

ペーター教会(Peterkirche)

新市庁舎のすぐ近くに建つペーター教会は、大きさこそフラウエン教会にはかないませんが、内部の美しい装飾が見どころです。是非立ち寄ってみて下さい。

レジデンツ(Residenz)周辺

博物館や宝物館として公開し、内部を見学できる壮大な宮殿レジデンツや、黄色い外観が愛らしいテアティーナ教会など、外から見るだけでもヨーロッパらしい美しい建物が見られます。

楽しみ方

高いところから街を一望!

上記で紹介した新市庁舎やフラウエン教会、ペーター教会は塔に上ることができます。

筆者のオススメはペーター教会からの街の眺めです。フラウエン教会と新市庁舎、そしてミュンヘンの街並みが一望できます。

改装中や時期によっては塔に登れない場合があります。入場可能な時期や曜日、時間などを事前に確認して下さい。

博物館や美術館を巡ろう!

レジデンツ博物館や宝物館の他、3つのピナコテーク、ドイツ博物館、BMW博物館など、ミュンヘンには数多くの美術館・博物館が点在します。芸術や文化に興味がある人は、いろいろな美術館・博物館を巡ってみるといいです。

買い物を楽しもう!

大都市であるミュンヘンには、新市庁舎や教会が立ち並ぶマリエン広場周辺や、レジデンツ周辺にたくさんのデパートやショップがあり、買い物も楽しむことができます。

筆者のオススメは、マリエン広場の近くにある「カウト・ブリンガー(Kaut Bullinger)」という文房具専門店です。ポストカードの種類が豊富で手ごろなお土産にもなるので、文房具好きの方は是非立ち寄ってみて下さい。

「カウト・ブリンカー」はマリエン広場につながる "Rosenstr." と言う名前の通りにあります。同じ通りにデパート「ガレリア・カウフホーフ(Galeria Kaufhof)」があります。

ビールと白ソーセージをいただこう!

ミュンヘンと言えば、毎年9月~10月に開催されるオクトーバーフェストが有名ですよね。この時期でなくても、街の中心部にあるビアホールやビアレストランで本場のビールを楽しむことができます。

ミュンヘン名物「白ソーセージ(Weißwurst)」も是非試してみて下さい。

おわりに

ベルリン、ハンブルクに次ぐドイツ第3の都市にもかかわらず、街の中心地には美しい教会や市庁舎、宮殿などが建ち、見どころもたくさんある街です。

ドイツの観光名所「ノイシュヴァンシュタイン城」や、ドイツ最高峰の山「ツークシュピッツェ」など南ドイツの観光地へのアクセスの拠点となる街なので、ミュンヘンからいろいろな街へ出かけてみるといいですよ。

Viel Spaß!

参考資料:ガイドブック「地球の歩き方・ドイツ」

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120829163225 503dc589ba383

本記事は、2012年08月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る