生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 1つの教材で出来る!3つのリスニング勉強法

1つの教材で出来る!3つのリスニング勉強法

2012年08月29日作成

 views

お気に入り

はじめに

今回は、筆者が実際に行い効果的だった「英語リスニング勉強法」を紹介します。

用意するもの

  • リスニングの教材

筆者は、「NHKラジオ講座」の教材を使いました。

教材を使った3つの勉強法

1:ディクテーション

「ディクテーション」とは、音声が流れてきたらそれをひたすら紙に書いていく練習方法をいいます。

この訓練により、自分はどの単語が聞き取れて、どの単語が聞き取れていないかがわかります。

音声を流す回数は、同じ文章で大体3回くらいが良いと思います。

長い文章だと集中力が途切れるので、ある程度短い文章で練習するのが良いでしょう。

2:シャドーイング

「シャドーイング」とは、聞こえてきた英語の音声をそのまま口に出して言うというトレーニングです。

リスニング力が向上するのは、もちろん。「ディクテーション」と同様に、わからない単語を知ることも出来ます。

完璧にできなくても気にしないほうが良いでしょう。

自分の音声と聞こえてくる音声がかぶるとダメなので、ヘッドフォンをつけてするのがよいと思います。

3:同じ文章を聞き取れるまで繰り返し聞く

同じ文章を繰り返し聴くことは有効だと思います。

最初は意味がわからなかった文章でも、繰り返し聴くことでだんだんわかるようになってくるのです

携帯音楽プレーヤーなどに入れて、移動時などにも聞くとなお効果的だと思います。

おわりに

1つの教材でも、色々な勉強法をすることが出来ます。お使いの教材で、是非試してみて下さい!

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120829170742 503dcdce3cf5a

本記事は、2012年08月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る