生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 歓迎会を乗り切ろう!デキる新入社員の挨拶の仕方

歓迎会を乗り切ろう!デキる新入社員の挨拶の仕方

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

社会人になると、友人との飲み会とはまた違う、会社関係の飲み会が増えますよね。その第一弾が、新入社員の歓迎会だと思います。この歓迎会、まだ、先輩や上司とも馴染んでいなくて、同僚とも知り合ったばかり…不安イッパイで、楽しむ余裕もない飲み会なのに、主人公であるために、挨拶もしなければならない、という試練も待ち構えています。

そこで、社会人になって、初めて経験する歓迎会をうまく乗り切るために、好印象を持ってもらえるような歓迎会の挨拶の仕方を紹介したいと思います。

見た目が重要!挨拶のポイント

その1:笑顔

ガチガチに緊張しての挨拶は、ある意味、新入社員らしい新鮮さがあって良いものです。ですが、どんなに緊張していても、笑顔を忘れないようにしましょう。

意識して笑顔を作ることで、自然に緊張もほぐれてきますし、先輩や上司にも、「可愛い部下」という印象を持ってもらえます。挨拶をしながら、照れ笑いのような笑顔でもかまいません。とにかく意識して、笑顔を作るようにしてみてください。

楽しい飲み会の場ですから、常に笑顔を絶やさないようにすると、周囲を明るい気分にできますし、好印象を持ってもらえます。

その2:姿勢・目線

挨拶をする時は、猫背は厳禁です。姿勢をピシッと正して、目線を上げて話すだけでも、とても印象が良くなります。

みんなの前で立って自己紹介をするときなど、目線に困ってしまうかもしれません。そんな時は、これからお世話になる社員、一人一人の顔を順番に見ながら、一人一人に話しかけているつもりで挨拶してみてください。視線が定まらず、目が泳いでいるより、ずっと好印象です。

良い姿勢で目を見て話せるようになると、対人関係も円滑になりますよ。

内容も重要!挨拶のポイント

その1:自己紹介

歓迎会での挨拶では、まず、自己紹介をすると思います。ただ、名前や年齢、出身校などを述べるだけの自己紹介では、ありきたりで、印象に残りませんよね。そこで、少しユーモアを交えた自己紹介で、しっかり覚えてもらうようにしましょう。

例えば、自分の名前を「あいうえお作文」にして自己紹介をしてみてはどうでしょうか。

「あ」 明るくて
「い」 いつも元気な
「う」 ウルトラ娘
「え」 笑顔が自慢よ
「お」 お願いします

というような感じです。事前に大きな紙に書いて、自己紹介の時に、紙を広げて読み上げれば、緊張も和らぎますし、印象に残りやすくなります。

ユーモアのある自己紹介を、事前に仕込みをしておくことで、緊張して言いたいことが何も言えなかった、という失敗を防ぐことができます。

その2:短所を長所に切り替える

挨拶の最後は、「これからよろしくお願いいたします。」という言葉で締めくくります。ですが、ここでも、1つ印象に残る言葉を付け加えましょう。まずは、自分のちょっとした短所を挙げます。それから、その短所を長所に切り替えてしまうのです。例えば、

「ちょっと抜けているところがありますが、天然キャラの癒し系な社員になれれば、と思っています。」

というような感じです。それから、

「こんな私ですが、よろしくお願いします。」

という具合に締めくくれば、印象に残る素敵な挨拶になりますよ。

短所を知っておいてもらうことで、先輩や上司も、そこをカバーしやすくなる、という利点もあります。

おわりに

歓迎会や、その挨拶は、緊張で楽しむどころではないかもしれません。でも、先輩や上司から見れば、そんな緊張した初々しい姿も新鮮で良いものです。肩肘張らずに、精一杯、自分を知ってもらおうとすれば、気持ちはきっと、伝わりますよ。

(Photo by PAKUTASO)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120828175127 503c868fb23bb

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る