生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 男性向け!絶対盛り上がる合コンにするための6つの秘訣

男性向け!絶対盛り上がる合コンにするための6つの秘訣

2012年08月28日作成

 views

男性の皆さん、合コンで盛り上げるのは得意な方ですか?いわゆるアタリ合コンになるか、ハズレ合コンになるかは、男性陣の盛り上げ方にかかっていますよ!是非このレシピをもとに、合コンを盛り上げてみてくださいね。

目次

1:男性陣だけが分かる話をしない

自分の知らない、ついていけないような話題で盛り上がられてしまうと、女性陣はどうしても置いてけぼりになり、シラけてしまいがちです。

内輪話をしない

男性陣だけが知っている思い出や、人物の話は絶対にしないで下さい。会話の流れで、した方が面白いと判断した場合は、女性にもわかりやすく説明をしてあげる気遣いが必要です。

女性が興味をそそられない話題をしない

スポーツ・ゲーム・少年漫画・車・ギャンブル等、女性がおよそ詳しくないであろう話題は極力避けましょう。OKなのは下記のようなものです。
- ワンピース(少年漫画ですが、女性ファンも多いため)
- W杯やオリンピック等、最近のホットな話題であるとき

2:下ネタには要注意

男同士の会話では、よく話される下ネタ。女性は、反応に困ってしまったり、不快な思いをする方も決して少なくありません。笑えるような軽い話なら、盛り上がることもありますが、吉と出るか凶と出るかは、女性の性格やテンションに左右されますので、極力避けた方が良いでしょう。但し、下記のようなOKな下ネタもあります。

SかMか?

攻めるのが好きか、攻められるのが好きかという話題は、結構盛り上がります。
CHECK:気の強そうな女の子が「実はMです」など、意外な事実がわかることも。

何フェチか?

においフェチ、脚フェチ、手フェチ等、異性に対してこだわりの強い部分は様々です。
CHECK:体のパーツを言うと、少しエッチな感じになりますが、女性が男性の体に触れる(ボディタッチ)する機会もでき、盛り上がります。

3:初対面でも盛り上がるネタを話題にする

血液型

ある程度、会話をしてから、男女で当てっこするのも、クイズ・ゲーム感覚で面白いですよ。

好きな異性のタイプ

気になる異性の好きなタイプは、男女ともに気になるところだと思います。合コンらしい話題で盛り上がるでしょう。
RULE:好きな芸能人などを聞いても良いでしょう。

趣味

自分の好きなことは話していて楽しい上に、次のデートに繋がるきっかけができるかもしれません。
RULE:映画鑑賞が趣味→「じゃあ今度一緒に見に行こうよ、面白そうなの教えてよ」と誘えます。

出身地&方言

思わぬ共通点があり、ローカルトークで盛り上がれたり、面白い方言や可愛い方言で話が弾むでしょう。

4:特定の子だけと会話をしない

気に入った子がいると、その女性だけと会話をする男性がいますが、ご法度です。他の女性は嫉妬心もあるため、「大変嫌な気持ちになる=盛り下がる」ことが往々にしてあります。

バランスよく、女性みんなと会話しましょう。

5:沢山質問する

女性は話すことが好きな人が多いです。質問を投げかけ、相手に答えさせましょう。相手に興味を持てば、質問はどんどん出てくるはずです。相手の話には相槌を打ち、相手の目を見て、よく聞きましょう。

自分との共通点や男性メンバーに共通点があれば、教えてあげましょう。人間は、共通点があると親近感を覚え、急速に仲良くなることができます。

6:自慢話をしない

男性は、いいところを見せようと自慢話をしがちです。女性は社交辞令として「すごーい!」と言ってくれると思いますが、あくまでも社交辞令であり、内心うんざりということも少なくないのです。但し、自慢話は下記のようにすればOKです。

他者がアピールする

自分のことを自分でアピールするのではなく、「こいつ、実は~なんだぜ!」と他の男性にアピールさせることで、嫌味なく、アピールすることが可能となります。

さいごに

男性の皆さん!合コンを盛り上げるには女性を楽しませることが欠かせません。今回のレシピを頭に叩き込んで、いざ合コンへ出陣なさってくださいね。楽しい会になりますように。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/08/12-366865.php?category=5)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120827224906 503b7ad25cce6

本記事は、2012年08月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る