生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. まるでスフレチーズケーキ!低カロリーなヨーグルトケーキの作り方

まるでスフレチーズケーキ!低カロリーなヨーグルトケーキの作り方

2012年08月27日作成

 views

お気に入り

チーズケーキに使用されるクリームチーズは脂肪分が多く高カロリー。ヨーグルトで代用することでカロリーは比べものにならないくらい大幅にカットできます。さらに砂糖とバターも少しだけ少なめにして油分と糖分を抑えました。

元々は筆者の夫が、残り物でささっと作ってくれたこのヨーグルトケーキ。特に何と告げられずに食べた筆者は食べ終わるまで普通のスフレチーズケーキだと思っていました。

準備するもの

材料(15センチケーキ型1つ分)

  • ヨーグルト:200g
  • バター:10g
  • 牛乳:10cc
  • グラニュー糖:50g
  • 小麦粉:50g
  • 全卵:Mサイズ2個
  • レモン汁:小さじ1

道具

  • ザル
  • ボウル
  • ハンドミキサー(泡だて器)
  • ゴムべら
  • ふるい
  • 15cmケーキ型
  • オーブン

作り方

STEP1:下準備をする

ヨーグルトはザルにキッチンペーパーを敷いた上などに広げ、3時間以上水切りしておきます。

バターと牛乳を合わせて、レンジに10秒程度かけて溶かしておきましょう。小麦粉はふるっておきます。ケーキ型にはバターをぬり、切ったクッキングシートを貼っておきましょう。

STEP2:メレンゲを立てる

卵白にグラニュー糖半量をさらに3回に分けて加えながら、しっかり角が立つ程度のメレンゲ立てます。

グラニュー糖を加え、軽く泡がたつ程度泡立てたら、2回目のグラニュー糖を加えてさらに泡立てます。2倍近く膨らんできたら3回目のグラニュー糖を加え、さらに角がたつまでしっかりと泡立てましょう。

STEP3:黄身とグラニュー糖をすり混ぜる

別のボウルに卵黄とグラニュー糖半量を入れ、白っぽくなるまですり混ぜます。しっかり混ざったら、水切りしたヨーグルトとレモン汁を加え、さらに混ぜましょう。

ここでオーブンを170度に余熱しておきます。

STEP4:メレンゲを加える

STEP3にSTEP2で作ったメレンゲを3回に分けて加えます。泡をつぶさないよう、切るようにさっくりと混ぜましょう。

1回目は泡だて器でぐるぐると、2回目からゴムベラでさっくり混ぜます。この時点で綺麗に混ざりきらなくても大丈夫なので、混ぜすぎて泡をつぶさないようにしましょう。

STEP5:小麦粉を加える

ふるっておいた小麦粉をもう一度ふるいながらSTEP4に加え、ゴムベラでさっくり切るようにまぜます。

混ぜすぎは禁物。少し粉っぽさを残した状態で次のステップへ進むとうまくいき、綺麗に膨らむ生地になります。

STEP6:バター牛乳を加える

STEP1で用意したバター牛乳をゴムベラに伝わせながら回し入れます。

STEP7:170度のオーブンで30分

泡をつぶさないように、手早く型に流し入れたら、170度のオーブンで30分焼きます。焼きあがったらすぐに型から出し、裏返して網の上などで粗熱をとりましょう。

STEP8:完成!

粗熱がとれたら完成です。

粗熱とったら温かいうちでも美味しくいただけますが、冷やして食べるのもオススメ。しっとりしてコクが増しますよ。

おわりに

ヨーグルトを水切りしたりメレンゲを立てたりと、少々手間はかかるこのメニュー。それでも筆者は、売っているスフレチーズケーキと見比べると、「この低カロリーさには替えられない…」と、ついつい買わずに作ってしまうほどお気に入りです。

余談ですがスフレチーズケーキを作るよりも安価なので、同じ値段でたくさん作れるというメリットもありますよ。

(Photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120823223621 503631d5cc752
  • 20120823223746 5036322a119b9
  • 20120823223800 503632387e2ae
  • 20120823223812 50363244cec0c
  • 20120823223824 503632507cde8
  • 20120823223838 5036325e1dc82
  • 20120823223854 5036326ea05ab
  • 20120823224035 503632d3860f6
  • 20120823223621 503631d5cc752

本記事は、2012年08月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る