生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ルームシェアを上手に続ける5つのポイント

ルームシェアを上手に続ける5つのポイント

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

現在ルームシェアをする若者が増えています。mixi等のコミュニティサイトでも、ルームメイトを募集するコミュニティがあったりします。

mixi http://mixi.jp/

他人同士で一緒に住むというルームシェアは、欧米では昔から日常的に行われていましたが、日本では近年やっと増加してきたように思えます。

他人と一緒に生活をすることでまず気をつけるべきポイントを以下に紹介します。

ルームシェアを続ける5つのポイント

異性の出入り

ルームシェアで揉める問題が異性問題です。特に女性同士だけでルームシェアをしている場合、男性を連れ込むことについてしっかり話し合いを行うべきです。

勝手に連れ込んだりすると後々大変な問題になります。遊びに連れてきてはいいけど、宿泊はだめ等とルールを決めることが大事です。

お風呂の時間

人によって生活リズムはばらばらです。そのため、残業で帰りが遅い人は、必然的にお風呂の時間も遅くなります。また、朝お風呂に入る人もいます。

ルームシェアをすることは、一緒に生活をすることです。最初に「お風呂の時間は何時まで」等と決まりを決めることをオススメします。

日記の交換

生活リズムが違う人との生活で、ルームメイトと顔を合わせることが少ない人も多いはずです。

相手に言いたいことがあっても言うことができない場合は、交換日記をオススメします。

例えば「ゴミ出しが少し雑なので直してください」や「肉じゃがを作ったのでよかったら食べてください」等、お互い話す機会がない人には、交換日記などでやり取りをすることで、コミュニケーションをすることが大事だと思います。

お金の問題

1番きちんとしなければいけないのがお金の問題です。まったく他人と暮らす場合も多いので、相手がお金に関してルーズな場合は1番困りますよね。

そのため、入居前にきちんとお金のルールについて話合いましょう。家賃の支払い期限、トイレットペーパー等の消耗品の費用について、光熱費について等、暮らしには必ずお金の問題がついてきます。

きちんと話合い、ルールを決めましょう。

家事について

ルームシェアをする場合、お互いの部屋については個々に掃除をすればいいですが、キッチンやリビング等の共有スペースの掃除や、ごみ捨て等の家事について役割を決めましょう。

住みやすい環境作りを心がけましょう。

おわりに

ルームシェアをすることは、自分だけの生活リズムで生活することができません。

相手ときちんとルールを話し合い、お互いが暮らしやすい環境作りをして、楽しいルームシェア生活にしましょう。

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る