生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ビューティー女子旅!初めて温泉旅行の事前準備と温泉マナー

ビューティー女子旅!初めて温泉旅行の事前準備と温泉マナー

2012年08月27日作成

 views

旅行の目的は様々ありますが、中でも「温泉」は、入浴のためだけにでもその場所に行きたい!と思える人気ビューティースポットだと思います。

しかし、事前準備がなければ、いざ温泉に行っても困ってしまったり、楽しめないこともあります。

そこで今回は、筆者の経験をもとに、「ビューティー女子旅!初めて温泉旅行の事前準備と温泉マナー」をご紹介します。

目次

持ち物の注意点

1: 脱ぎ着しやすい服を選ぼう!

旅行に行く時には、いつもとはちょっと違うオシャレを楽しみたいものですよね。

しかし、温泉旅行に行くと、何度もお風呂に入ります。

そこで、脱ぎ着しやすい服装で行く!というのは大切なことです。

温泉旅行では、お気に入りの服の中でも、脱ぎ着しやすいものを選んでみましょう。

例えば、ワンピースやチュニックなど、重ね着をあまりしなくて良いファッションは、さっと着替えができておすすめです。

また、体に張り付くようなピタッとした服だと、入浴後の熱い体には不快に感じることがありますので、ふわっとしたシルエットの服がおすすめですよ!

2: ビーチサンダルを持っていく

意外に盲点となるのが靴です。

スニーカーやパンプスなどは、靴下をすぐに履かなければならなかったり、足が蒸れるような感じがするため、お風呂上りにはちょっと嫌な時があります。

そんな時は、持ち運びできるビーチサンダルなどを携帯していると入浴後、足が冷えるまで履いておくことができて便利ですよ。

3: アクセサリーはできるだけ控えよう

おしゃれに欠かせないアクセサリーですが、温泉旅行には、大切なものは特に、できるだけつけていかない方が良いと思います。

理由は、脱ぎ着する時に無くしやすいからです。また、急いでいるとつい着けるのを忘れてしまうこともありますし、入浴中置いておくところにも困ります。

もし、無くしてしまった場合、楽しい旅行も気分が落ち込んで台無しになってしまうのでは?

4: 貴重品は持っていかない

貴重品入れの小さなロッカーが設置されているところもありますが、ない場合は、脱衣カゴなどに入れておかなければならず無防備な状態になります。

貴重品はできるだけ持っていかないようにしましょう。

持っていくもの

1: タオル3枚

大きな温泉旅館などであれば、備え付けのタオルがあることもありますが、タオルが設置されていない場合もあります。

体を洗う用、拭く用、予備を用意しておけば安心です。その際、バスタオルは邪魔になりますので、フェイスタオルがオススメです。

2: アメニティ

シャンプーなどは、備え付けがある場合もありますが、ない場合もあります。シャンプー、コンディショナー、洗顔料は最低持って行くと安心です。

3: 化粧品

化粧水や乳液などの基礎化粧品は意外に忘れがちです。温泉に入った後に使うスキンケアは持って行きましょう。

また、必要であれば、メイクグッズも忘れずに。

4: 携帯用ドライヤー

ドライヤーもない場合困ってしまうアイテムのひとつです。小さめの携帯用ドライヤーをもっていると便利です。

5: ビニール製などのミニポーチ

どうしても脱衣場に置いておけないものなどは、ビニールなどでできた防水のポーチにいれて持ち歩くと便利です。

6: 水やお茶など

温泉に入った後は、水分補給も大切です。

自動販売機で買えば良いのですが、水やお茶は常に持っていると安心です。

温泉マナー

当たり前の基礎知識。あなたは、大丈夫ですか?

1: 体を洗ってから温泉に入る

皆が浸かる綺麗なお湯を汚さないため、体を洗ってから入浴しましょう。

2: 浴槽にタオルをつけない

温泉では、基本的にタオルをつけたまま、お湯に浸かってはいけない決まりになっています。タオルを巻いたまま、また当てたまま入浴はできませんのでご注意を。

3: 脱衣場にあがる前に体を拭く

脱衣場に、濡れたままの体で上がってしまうと床がびしょびしょになって次に入る人の迷惑になります。体をできるだけ拭いてから脱衣場へ。

おわりに

いがかでしたでしょうか?

美と癒しの温泉は、女性にとってとっておきのビューティースポットですよね。

温泉を楽しむための事前準備と、温泉マナーを理解して、温泉で心も体もゆっくりと癒してくださいね。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120824143244 503711fca3ed1

本記事は、2012年08月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る