生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 嫁姑問題が起きないために気をつけておくべき3つのポイント

嫁姑問題が起きないために気をつけておくべき3つのポイント

2013年02月06日更新

 views

お気に入り

はじめに

若夫婦と老夫婦が同居する際に心配になるのが、嫁姑問題ですよね。今回は、嫁姑問題が起きないために気をつけておくべき3つのポイントをお伝えします。

ぜひ、参考になさってください。

ポイントその1 家事

嫁姑が二人でやっていかなければならないのが、家事。家事と一言で言っても、掃除、洗濯、買い物、料理・・・と挙げればキリがありませんよね。

しかし、家事は列挙して役割分担をすればいいだけです。ただし、ここで注意しておきたいのは、「掃除は家の中だけではない」ということです。

庭、玄関前など家の外にも掃除をしなければならない場所があるのです。これらの外の掃除には時間や体力が必要になりますので、役割分担をするというより、休日に家族みんなで掃除するなど体力を分散させ、老夫婦の負荷を軽減させてあげることを考えてもいいかもしれません。

ポイントその2 二人の精神面

嫁姑が同居するのは決して楽なことではありません。そのため、世間でよく言われるような嫁姑問題が発生するのでしょう。しかし、姑は決して悪人ではありません。姑は姑なりに、嫁は嫁なりに上手くやっていきたいとと思っているのです。

お互いが努力をしていることをお互いが忘れることなく、お互いを気遣っていけるのであれば嫁姑は仲良くやっていけるでしょう。

万一、何か問題が発生したとしてもすぐに問題解決できます。

ポイントその3 物事の決定権について

物事の決定はすべて姑にゆだねることをお勧めします。

しかし、姑が決めたことに納得できない場合、そのような場合が積み重なると疲れてしまいますよね。そのため、姑が決めたことに従いつつも、自分の意見が言える環境作りをすることが大切です。自分の意見が言える環境というのは、やはり姑と仲良くなるということに限ります。

例えば、二人でショッピングや映画に行くのもいいでしょうし、流行の料理レシピをインターネットで入手して教えてあげるのもいいでしょう。日帰り旅行にいくのもいいですよね。

姑と仲良くなれば、言いたいことは言えるようになるものです。

おわりに

嫁も姑も決して嫌な人間ではないということが意識できていれば、きっとうまく行くはずです。

それでも上手くいかないときは一人で悩まずに旦那さんに相談することも大切です。そして、旦那さんはしっかり話を受け止めて二人が上手くいくために努力しましょう。

嫁姑どちらかの肩を持ったり、答えを出すのではなく、お互いの性格を熟知した旦那さんだからこそわかる二人の言い分をしっかり聞き入れ、二人が納得する方法を選択できるようにアドバイスしていきましょう。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100905150657

本記事は、2013年02月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る