生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 同棲中の彼氏と喧嘩してしまったら…すっきり仲直りする方法

同棲中の彼氏と喧嘩してしまったら…すっきり仲直りする方法

2012年08月24日作成

 views

同棲すると、男性も女性も、お互いにイヤなところが見えてしまい、なんでもないことで大ゲンカになってしまうことがありますよね。でも、結婚まで考えている同棲生活なら、ちょっとしたケンカで取り返しのつかないことになってしまったら困ります。

そこで、ケンカしてしまった同棲中の彼と、すっきり気持ちよく仲直りする方法を紹介したいと思います。

ケンカになってしまった時、これはやってはいけない!

その1:無視・顔を合わせない

ケンカをして、腹が立っているときは、相手の顔も見たくない、口もききたくない、と思ってしまうものです。ですが、意地を張って彼を無視し続ければ、何も解決することはありません。彼が話しかけてくれたときにはきちんと応え、目を見て会話をしましょう。

彼とのケンカは、彼との仲をより強い絆で結ぶための試練です。よりケンカが長引くことになったとしても、会話することが大切ですよ。

その2:家を飛び出す

腹が立って、勢いで、家を飛び出してしまうという失敗は、よくありますよね。ですが、家を飛び出してしまえば、仲直りどころか、話し合いすらできなくなってしまいます。意地が邪魔をして、家に戻るタイミングも難しくなりますし、それこそ、取り返しのつかない結果を生む可能性がとても高くなってしまいます。

「同棲なんかやめてやる!」

そんな気持ちに、一瞬なったとしても、その気持ちをグッとこらえて、なんとか踏みとどまってください。冷静になることが、仲直りへの第一歩です。

本当に同棲をやめるのは、ケンカの熱が冷めて、冷静に考えてみてからでも充分間に合います。

すっきり仲直りする方法

その1:自分から謝る

原因がどちらにあったとしても、ケンカ両成敗です。彼が意地を張ってしまって、仲直りしたいけど謝れない、ということもあります。そんな時は、「私は大人だから」と自分に言い聞かせて、自分から謝るようにしましょう。きっかけをあげれば、彼だって、

「僕も悪かったよ。」

と、謝ってくれるかもしれません。意地の張り合いを終わらせることが、仲直りへの第一歩です。

「ちょっと言い過ぎた。ごめんね。」という謝り方なら、どんな原因のケンカの時にも使えます。

その2:じっくり話し合う

お互いに少し冷静になって、意地の張り合いを終わらせたら、そのまま、原因はうやむやなまま仲直り…これでは、なにも解決しません。

彼とケンカになった原因を、きちんと話し合いましょう。お互いのチョットしたクセがイヤだったからケンカになったとか、気に入らない言動があったとか、原因になったことを冷静に話します。

「私は、○○君の、こういうところがイヤなの。だから、これからは気をつけて、直してほしいな。」

と、ケンカがぶり返さないように冷静に、相手の直してほしい点を指摘します。それから、

「○○君は、私に直してほしいところ、ある?」

と聞いてみましょう。それから、お互いにイヤなところは直して、歩み寄る努力をするようにしましょう。

ケンカの原因を、その都度きちんと話し合うことで、すっきり気持ちよく仲直りできますよ。

おわりに

カップルは、些細なケンカを繰り返すことで、より絆を深めていきます。一緒に住み、お互いの性格・クセ・やり方をすり合わせていくことで、より、居心地の良い相手になっていきます。

原因をうやむやにしない、すっきりした仲直りで、居心地の良い関係を築いていきましょう。そうすれば、いつか彼と結婚した時にも、きっと良い家庭を築くことができますよ。

(Photo by PAKUTASO)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120824111707 5036e4230b987

本記事は、2012年08月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る