生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 彼女の余裕を持とう!彼の女友達に嫉妬しないための3つの心構え

彼女の余裕を持とう!彼の女友達に嫉妬しないための3つの心構え

2012年08月23日作成

 views

彼のサークルには、彼の一番の仲良しの女の子、Y美がいる…。何もないって言ってるケド、彼がサークルの飲み会に行くのはやっぱり嫌!!!

彼氏を持つ女の子ならそんな経験、したことがあるのではないでしょうか?かと言って、あんまり疑ってはいけない気もするし、でも心配だし…。

今回は、そんな女の子に彼の女友達に嫉妬してしまわないための3つの心構えをご紹介します。

目次

1:「彼の一番は私」と心の中で唱える

彼にとって、あなた以外の仲の良い女の子はあくまで友達です。だからこそあなたにもその存在を伝えているし、それを理解して欲しいと思っているのです。友達である以上、その女の子も彼にとって大切な存在には変わりないかもしれませんが、彼が一番に選んだのはあなた。彼の彼女の座はあなただけのものです。そのことに自信と誇りを持って、堂々と構えていましょう。

とはいえ、あまりに焼きもちを焼かれなさすぎるのも男性としては寂しいものだそうです。時々は可愛く焼きもちを焼いてあげると、いいスパイスになるかもしれません。

2:勝手な妄想をしない

「今日、Y美と飲みに行くって言ってたけど、きっとM子も来てるだろうな…M子は彼と家が近いから、二人きりで一緒に帰るかもしれない…そんなことになったらもしかして酔って手を繋いだり、下手したらそれ以上のことも…!?」

なんて、勝手な妄想はやめましょう。どんなに親密な仲になったって、彼氏は自分とは別の人間です。疑い始めたらきりがありません。恋愛は信頼関係で成り立つもの。自分が本気で好きになった、大好きな人なのですから、全力で信じてあげましょう。

また、「浮気しないでね」と釘をさすよりも、「信じているよ」の一言のほうが浮気の抑制に効くように、信頼は見えないけれど強固な鎖になります。そのことから考えても、疑うことにはあまりメリットがないのです。

ちなみに信頼はあなたが彼に大切にされているからこそできること。二人がお互いに思い合っているからこそ成り立つものです。あなたが、あきらかに彼から大切にされていない、あるいはどう考えても二股をかけられている…というのであれば、別れを選んで次の恋に向かうのも、幸せになるためには必要な選択肢かもしれません。

3:焼きもちはほどほどに

「携帯から女の子の名前を全部消して」
「もう女の子のいる飲み会には行かないで」

など、度の過ぎた束縛は、「信頼されていない」と彼に感じさせてしまいます。

また、過ぎたことや変えられない事に対して不平不満を述べられても、彼としてはどうしようもありません。「今日K子と飲みに行くから」と言われたら、「やめて」と彼の行動を制限するのではなくて、

「じゃあ私とも今度飲みにいってね?」

というように、「自分もあなたと一緒にいたい」(私はあなたのことが好き。信頼もしているから飲みに行って来て良いよ)ということを伝えた上で、自分の欲求を伝えるほうが良いでしょう。

彼があなたに甘えあまりに調子に乗っているようであれば、ガツンと怒っても良いでしょう。

おわりに

いかがでしたか?付き合い立てのころは特に、彼の女友達が気になってしまいがちですよね。

そんな時に感情に任せて不満を伝えるだけでは「めんどくさい女」ですが、一旦冷静になって、「どう言ったら彼はますます自分のことを好きになってくれるだろう?」と考えると、嫌なイベントもこれからは楽しめるかもしれません。焼きもちも上手く使えば「可愛い女」です。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/03/04-358630.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120823171129 5035e5b155f66

本記事は、2012年08月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る