生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. ベルリンを楽しもう!おすすめ観光スポット7選と楽しみ方

ベルリンを楽しもう!おすすめ観光スポット7選と楽しみ方

2012年08月23日作成

 views

ドイツの首都であるベルリンは、東西分裂時代の歴史を感じさせる建物や博物館・美術館など見どころも多く、買い物も楽しめる街です。

ここでは、ベルリンのおすすめ観光スポットと楽しみ方をご紹介します。

おすすめ観光スポット7選

1:赤の市庁舎とテレビ塔(Rotes Rathaus & Fernsehturm)

S-Bahn(近郊電車)やU-Bahn(地下鉄)の駅があるアレキサンダープラッツ駅前には、一際高くそびえ立つテレビ塔と、赤い煉瓦で造られたかわいらしい佇まいの赤の市庁舎(ベルリン市庁舎)があります。

2:ベルリン大聖堂(Berliner Dom)

アレキサンダープラッツ駅からテレビ塔や赤の市庁舎が建つ大きな広場の横を通り、ウンター・デン・リンデン(Unter den Linden)と呼ばれる大きな通りを歩くと、シュプレー川沿いにベルリン大聖堂が見えてきます。

ドイツらしい重厚な佇まいで歴史を感じる建物です。内部も見学できますが、外から見るだけでも迫力があります。

3:博物館の島(Museumsinsel)

ベルリン大聖堂のすぐ近くに、ペルガモン博物館・新博物館・ボーデ博物館・旧ナショナルギャラリー・旧博物館の5つの博物館があり、このエリアは「博物館の島」と呼ばれ世界遺産にも登録されています。

博物館に興味がある方はこのエリアは必見です。筆者のオススメは、巨大な遺跡がそのまま展示されているペルガモン博物館です。

筆者の中では、もう一度行ってみたい博物館№1です。

4:ジャンダルメンマルクト(Gendarmenmarkt)

ウンター・デン・リンデンの途中で南の方角に曲がると街中に突然現れる広場、ジャンダルメンマルクトがあります。広場の北側にフランスドーム、南側にドイツドームと呼ばれるよく似たかたちをした教会が建ち、その間にコンサートハウスがあります。

広場を囲むように建つ3つの歴史的建築物は必見の観光スポットです。また、冬のクリスマスマーケットの時期は、幻想的な光に包まれるジャンダルメンマルクトはとても美しいのでオススメです。

5:ブランデンブルク門(Brandenburger Tor)

アレキサンダープラッツ駅からウンター・デン・リンデンを歩き続けると、ブランデンブルク門に行きつきます。ブランデンブルク門はベルリンの象徴的存在なので是非見に行って欲しい場所です。

6: ドイツ連邦議会議事堂

ブランデンブルク門から歩いてすぐのところにある大きな建物で、ベルリン内でも人気の観光スポットです。

屋上のテラスからはベルリン市内が一望できます。

7.ポツダム広場周辺

博物館や美術館、ショッピングセンターなど近代的な建物が立ち並ぶモダンなエリアです。

経験談

筆者は、アレキサンダープラッツ駅から上記の観光スポット(1~7)を順番に歩いて見て回ったことがあります(内部は見学せず外観を見ただけです)。

かなりの距離を歩いたのでとても疲れましたが、歩いて回ると街中でいろいろな発見があってそれなりに楽しめました。

歩いて見て回ることもできますが、建物の内部を見学したり、たくさんの場所を観光したい方は、S-BahnやU-Bahnをうまく使うと効率的に観光できます。

ベルリンの楽しみ方

1: アンペルマンを見つけよう!

アンペルマン(Ampelmann/写真)は元々、旧東ドイツで信号機に使われていた人のマークですが、その愛らしさから東西統一後の現在でも一部の信号機で使われています。

ベルリンの街を観光する際は、信号機にアンペルマンが姿がないか是非探してみて下さい。

2: アンペルマンショップへ行ってみよう!

信号機で使われているアンペルマンは現在ではキャラクター化し、ベルリン市内にはアンペルマンショップがいくつかあります。

上記で紹介したベルリン大聖堂やジャンダルメンマルクトの近くにもアンペルマンショップがあるので、見つけたら立ち寄ってみて下さい。

ポストカードやステッカーなど安価なものから、Tシャツやバッグなど実用的なものまで様々な種類のアイテムを取り扱っています。

ベルリン(ドイツ)のお土産にもなるのでオススメです。

3: 買い物を楽しもう!

ベルリン市内には大型ショッピングセンターやデパートがたくさんあり買い物も楽しめます。

また、筆者は行ったことがないのですが、土日には市内各地で蚤の市が開かれていることもあります。

ヨーロッパの蚤の市、掘り出し物が見つかりそうで気になりますよね。

4: 歴史を感じよう!

ベルリン市内には、ベルリンの壁が残されたイーストサイドギャラリーや壁博物館など、東西分裂時代の歴史を感じさせる施設もあるので、是非訪れてみて下さい。

おわりに

ベルリンは、観光だけでなく、歴史や文化にも触れることができる素敵な街です。

近代的な建物が建設される今日でも、歴史的建築物は市内の至る所に点在し、ベルリンがたどってきた歴史を垣間見ることができます。

上記で紹介した以外にもたくさんの見どころがあり、一日では回りきれないほど観光施設が充実しているので、できれば何日か滞在してゆっくり過ごして欲しいと思います。

Viel Spaß!

参考資料:
ガイドブック「地球の歩き方・ドイツ」

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120823170021 5035e3158cffb
  • 20120823170500 5035e42c4ae8c

本記事は、2012年08月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る