生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 別れの危機!家出した同棲中の彼女に上手く対応して仲直り

別れの危機!家出した同棲中の彼女に上手く対応して仲直り

2016年05月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

同棲中のカップルにとって最も不利な条件が「ひとりになれない」。それが顕著に表れるのがケンカをした時です。口論が発展して、彼女が家を飛び出してしまう。というケースもあるのではないでしょうか。そんな時に、おだやかに仲直りする方法をご紹介します。

彼女が家を飛び出したら

家を出る時の状況に応じて対応が変わります。

感情的になっている場合

ケンカの最中、感情が高ぶっている時に飛び出してしまうのはよくあるケースです。この場合、飛び出した彼女も突発的にすぎませんので、もちろん行くあてもありません。出て行った彼女の方は、

彼氏とはうまくいかないし、自分は行くあてもない。
というように「自分は可哀想」という感情に走りがちです。こういった感情が付いてくると、冷静にケンカの原因を振り返ったり、解決策を見いだす余裕は皆無といっても良いでしょう。

この場合は、10分後くらいにメールを送りましょう。放っておくと彼女は家に帰るタイミングがわからなくなります。

とにかく心配だから帰ってきてくれ!
というように、ケンカはしたけれど心配しているんだという気持ちを伝えましょう。もし、返信がないようであれば
○○まで探しにきたけど、いないから心配だ。
というようにメールして、本当に外に出て探してみます。
行動が伴うと心配していることの信憑性が表れるので彼女も応じやすくなります。

落ち着いている場合

ケンカをした翌日や話し合いが済んだ後、心を整理するために「ひとりになりたい」と出て行くケースもあります。こういった落ち着いた状況では、感情的になって連れ戻そうとすると逆効果の場合があります。この場合は、2~3時間くらい経ってからメールをしましょう。

君がひとりで考えられるように、自分が外出するから戻ってきてほしい。

心配だから迎えに行ってもいいかな?気持ちの整理ができるまで待っているから連絡くれないか。
というように、相手を気遣いつつ手を差し伸べます。この場合は自分が代わりに外出したり、時間を問わずに連絡を待ったり、なんらかの犠牲を請け負うことで「彼女と同じような時間」を共有します。

強引な態度は「考える時間もくれない」という印象を与えてしまうので、紳士的に優しく接するのがポイントです。

家に帰ってきたら

まずは謝る

ケンカの原因に対してではなく、家出させてしまったことに謝ります。何に対する謝罪かを明確にするよりも「ごめん」という言葉に含まれる修復の意欲を伝えることが目的です。

あらためて話し合う

短時間でもよいので、ケンカの原因についてもう一度二人で向き合います。都合が悪いからといって、何事もなかったかのように振る舞うのは誠実さに欠ける態度にうつるのでNGです。

ケジメをつける

話し合いが終わったら、お互いに修復の意思を確認し「ケンカはこれで終わりにしよう」と終止符を打ちます。なんとなく仲直りするケースもあると思いますが、しっかりとケジメをつけるとケンカを蒸し返す可能性が少なく、お互い気持ち良く次の行動にうつれます。

おわりに

家を飛び出してしまった場合は、戻らせる方法よりも家に帰ってきてからの対応が大切です。「出て行く」という彼女の行動を受け流さずに、しっかりと話し合って受け止めましょう。

同棲するということは、距離が近くなる分ケンカをする際にも遠慮や配慮が欠けてしまいがちです。そのために、家出に発展するような傷つけ方をしてしまう時もあります。

距離が近くなればなるほど、家族と同じように「素直に謝れない」という障害も生まれてきますが、ケンカをした時こそ最短距離にいる人間として思いやりと誠実さ示してあげてください。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120821213659 503380eb4a181

本記事は、2016年05月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る