生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3. ゲーム感覚で楽しく勉強を続ける方法

ゲーム感覚で楽しく勉強を続ける方法

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

資格や昇進試験など、大人になってからも「勉強」する機会は意外と多いものです。しかしどうにも気が進まない…という方も多いはず。

本記事では、そんなやりたくない「勉強」を少しでも楽しくなる方法を紹介します。

用意するもの

このような感じのものを作成・印刷してください。PowerPoint等で作ってもいいですし、面倒な人はこの画像を拡大してコピペしても良いかもしれません。筆者はこれをOpenOfficeImpressを使って作りました。

OpenOfficeはフリーのオフィススイート(ワープロソフトや表計算ソフトのパッケージのこと)です。詳細についてはこちらを参照してください。

使い方

1マスの時間を決める

1マス30分でも1時間でもかまいません。あまり短かったり長かったりすると効果は薄いと思われます。

科目名を入れる

科目名がある場合は科目名を入れてください。学科でもいいですし、資格の勉強なら資格名、長いテキストの章のタイトルでもいいかもしれません。

ご褒美を決める

10マス埋めた時のご褒美を決めて"get!"の前に記入してください。甘いものを食べるとか、ちょっとゲームするとか、何でも良いです。ストイックな人はあえて何も書かずにおくのも良いでしょう。

実際に勉強しよう

実際に勉強して、した分だけ塗りつぶしましょう。1マス1時間と決めたならば、1時間勉強するごとに1マス塗りつぶします。ロールプレイングゲームで経験値を獲得したようなものだと思いましょう。

勉強して塗りつぶした後はこんな感じになります。

10マス埋ったら「レベルアップ」です。ご褒美を決めていた場合はそれを実行しましょう。

これを何度も繰り返します。勉強した結果が「みえる化」されてモチベーションを維持しやすくなります。また、実際の試験の直前などに「これだけ勉強したんだ」と自信を持ちやすくなります。

さいごに

本記事では勉強のモチベーションを維持するために勉強時間を「みえる化」する方法の一つを紹介しました。ゲーム世代の方は特に効果が出やすいのではないでしょうか。

実際に筆者はこの方法で勉強を続け、とある試験に合格した経験があります。

皆様の勉強が結果に結びつきますよう、お祈りしています。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100902212919
  • 20100902202146
  • 20100906132145

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る