生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. カップルにおすすめ!花火大会の暑さ対策

カップルにおすすめ!花火大会の暑さ対策

2012年08月22日作成

 views

花火大会は、カップルにとっても夏のイベントのひとつ。でも、やっぱり夏ですから、暑さからは逃げられないですよね。

せっかくのデートだし、暑さ対策のために荷物が多くなるのも困ります。

そこで、必需品であり、暑さ対策でもあり、彼氏も彼女もちょっぴりときめくアイテムをご紹介します。

凍ったペットボトル

用意するのは、凍らせたペットボトルのジュースとハンカチだけ。花火大会の人ごみの中で、あれやこれや持ち歩いても邪魔になるだけです。

浴衣の場合は、帯に団扇をさすこともできますが、団扇って荷物になりませんか。

お勧め理由

凍ったジュースとハンカチをおすすめする理由はこちら

  • 冷たいペットボトルをうなじに当てて暑さ回避
  • 扇ぎたくなったら、おしゃれなハンカチを使う
  • 飲みものが溶けてきたら、二人で分け合って飲める
  • 暑さで喉が渇くので、飲みもの兼暑さ対策にもなる
  • カバンに入るので片手が空く(手をつなげる)
  • お互いの肌にあてながらスキンシップがとれる

出掛ける前に自宅で飲み物を凍らせて、ハンカチにくるんで持って行くだけです。

ハンカチでくるまれているので、カバンに入れても濡れません。

やってみた結果

花火大会の日は、街も賑やかでお店によっては無料で団扇を配っている店もありました。

筆者は、凍らせたペットボトルとハンカチの作戦を取りつつ、お店の団扇ももらったのですが、結果として邪魔になったのは団扇の方でした。

肝心のペットボトルは、お互いのコミュニケーションのツールにもなりましたし、うなじだけでなく肘や膝など、リンパの流れる箇所を気軽に冷やすことができるので、暑がりの筆者としてはとても重宝しました。

おわりに

凍らせた飲み物は、コンビニなどでも販売されていますが、花火大会の会場付近のコンビニは混雑しますし、売り切れる可能性もあります。

好きな飲み物を選べるのも利点ですので、ぜひ自宅から用意することをおすすめします。

1本でも活躍しますが、彼氏と彼女の分2本用意しても良いかもしれません。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120820184809 503207d96b389

本記事は、2012年08月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る