生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. アサガオの種の正しい収穫/保存法

アサガオの種の正しい収穫/保存法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

夏前にアサガオを植えて、鮮やかな花を楽しんでいる人が多いと思います。日本の夏のイメージにアサガオが出てくるくらい大事な植物。
次の年も気に入った色の花を楽しみたいですよね。

そこで次の年も確実に楽しむための簡単な方法をご紹介したいと思います。

こちらも合わせてチェック!
庭木/花木の種採り・種の保存方法

アサガオにナンバリングをする

まずはアサガオを育てる時に、ナンバリングをしましょう。ナンバリングをすることにより、大量に咲かせた株を間違うことが無くなります。

左から順番にナンバーを振ってみたり、アイスの棒に番号を書くなり、自分がわかれば大丈夫です。毎日の水やりの時に、花が咲いていたら、色とナンバーをチェックしてください。

アサガオは夜明け前に先始め、朝のうちにしぼみます。そのため、虫が花粉を運ぶ前に、自家受粉をしてしまう(クローンになる)のが一般的ですので来年も同じ色の花が咲きます。
花がしぼんだ後は、花のpHが変化し花の色が変わりますので色のチェック対象にしないでください。

種の様子を観察する

種ができ始めても、すぐに回収するのはいけません。なぜなら栄養分を与え続けているからです。上に行けばいくほど、回収時期が遅くなります。

特に観察したいのは、茎と種の間の部分です。その部分が緑がかっていると、まだ水分をはじめ栄養分を提供していると判断できます。

種の回収のタイミングと保存法

上述した茎と種の間が、パサパサしてきた状態で種の部分を切り取ります。茎の部分から完全に茶色になっているのが目安です。触るだけで種が飛び出す場合があるので注意してください。

万が一、茎がと種の間が少しでも緑がかった時に回収してしまうと、中から出てきた種がかなり湿っていることがわかります。一般的な植物の種の感触と違い柔らかいので、回収タイミングを失敗したことがわかります。

早く回収してしまった場合、サランラップの上に薄いティッシュを敷き、その上に種を置きます。そして、できるだけ乾燥した場所に種を数日放置します。すると、種が次第に小さく固くなってきます。度合いによりますが正常なものになるはずです。

保存にはサランラップやジップロックなどを利用し、絶対に乾燥させておく環境をつくりましょう。乾燥させた種をしまい込み、ナンバリングを忘れないようにしましょう。乾燥環境での保存を怠ると、カビでダメになる場合があります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

日本人に身近なアサガオを上手に管理し、来年も楽しみにすることにお役立ていただければ幸いです。

次の年に植えるときは、種を丸1日水に漬けてから植えてください!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100906153916

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る