生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 食器棚をキレイに保つ整理整頓のコツ

食器棚をキレイに保つ整理整頓のコツ

2012年08月21日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

いつの間にか雑然としてしまいがちな食器棚。できれば、取り出しやすく見た目も整理された状態を保ちたいものです。筆者は現在の食器棚を使用して2年目ですが、購入時とほぼ変わらない状態で快適に使用する事ができています。

収納と整理整頓にはいくつかポイントがありますので、ご紹介したいと思います。

食器の数と種類

当然ながら、数が増えると収納スペースを圧迫します。購入の際には、本当に必要なのか、代用できる皿を持っていないか考えます。

必要な種類と数

最低限必要なのアイテムを書き出します。例えば、

  • 茶碗
  • お椀
  • 小皿
  • 中皿

これらは、人数分必要です。次はやや必要と思われるアイテムを書き出します。例えば、

  • 土鍋
  • 大皿
  • グラタン皿
  • 小鉢

これらは、本当に人数分必要か再考します。これらは夕食で使用するケースの高い食器です。家族の夕食のタイミングが合わない家庭であれば、1〜2枚で事足りるケースもあります。

「とりあえず人数分」は食器棚を圧迫する原因になります。よく考えてから数を揃えましょう。足りなくなったら買い足せば良いという気持ちが大事です。

食器棚のどこに配置するか

頻度の高いものは扉の外

  • カトラリー
  • コップ類
  • 茶碗とお椀
  • 朝食用の皿
  • 夕食用の皿

上記のものは取り出しやすい場所に配置します。朝食用・夕食用というのは、よく使うサイズと形を自分で把握しておくことが大事です。

同じ形の皿は複数種類買わないようにします。長方形であっても、ノーマルな形と盛り付けが箇所が2つに区切られているもの。など用途が違う皿を選びます。

大皿や丼は扉の中

大きな皿や丼、来客用の皿などはそんなに使用しません。扉の中に重ねて収納します。これらの使用頻度が低いということは、もちろん数もさほど必要ではないはずです。気軽に買い足さないことがポイントです。

買う時のポイント

食器棚と美しく整理するには「気に入った物しか買わない」ことがコツです。棚の外で剥き出しになるアイテムは、毎日視界に入ってきます。飾るくらいに気持ちで気に入った物を購入しましょう。そうすれば、万が一食器が増えてしまっても「壁に飾る」ということで食器棚を圧迫しないですみます。

おわりに

食器棚の整理整頓の最大のコツは「同じ形の物は買わない・気に入った物以外は買わない」ことです。気に入って購入した物は、自然と使用頻度が高まります。同じ形のものがあると、片方の使用頻度は低くなり、食器棚を圧迫します。

どの家庭にも、食事のパターンというものがあると思います。何をどれくらいの頻度で使用するのか考えて、数と配置を見直してみてください。見直してみると以外に「とりあえずの食器」が多いことに気付くかもしれません。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120817192331 502e1ba31add5
  • 20120817193942 502e1f6e82e83
  • 20120817195419 502e22db97077

本記事は、2012年08月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る