生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 残り物でおいしい節約術

残り物でおいしい節約術

2012年08月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

半端に残ってしまった料理や食材・・・。残り物をいただくのはむなしいけれど、捨てるにはしのびない。

そこで、少々手を加え、もう一度みんなで美味しくいただいちゃいましょう!お財布にも地球環境にも優しい生活、今日から始めませんか?

だしを取った後の食材

  • 昆布:適当な大きさに刻み、醤油や砂糖で煮詰めれば、佃煮に。おかずが一品増えて嬉しい。
  • にぼし:上の昆布と同様に佃煮にするもよし(頭は取って)、油で揚げて塩を振ってつまむもよし。

古くなった干物

少々日が経ってしまったり、冷凍保存しておいた干物は、日本酒で湿らせてから焼くと、ふっくらよみがえります。

お米のとぎ汁

ぬかの油分には汚れを落とす作用や、膜を張る作用があるので、食器類の前洗い(食器をとぎ汁にしばらく漬けてから洗うと洗剤が要らない)や床のワックスがけに使えます。

麺類の茹で汁でもOK!

消臭作用もあるので、プラスチック製の弁当箱を数時間つけておけば、臭いは消えてしまいます。

残りがちなネギの青い部分

ネギの青い部分は栄養たっぷり。1、2束分の青ネギをまとめて薄切りにして焼きそばの具にしてみましょう。塩ダレ味でも美味しいし、添付のソースだれでも美味しいですよ。

肉じゃがの残り→オムレツ

ジャガイモは潰すか、食べやすい厚さにスライスします。卵に肉じゃがの具を全部入れ、フライパンで焼いたら、オムレツに大変身。塩で味の調整をしましょう。

コロッケの具にしても良いですね。

すき焼きの残り汁→卯の花

しいたけやにんじん、ごぼう等をさっと炒めたら、おからも加えよく炒めます。すき焼きの汁を加え、好みで水かだし汁も加えてしっとりさせます。しょうゆやみりんで味を整え、火からおろして完成。

おわりに

ひと手間かけた昔ながらの知恵を生かした暮らしが、結局一番の節約術のようです。色々と工夫をこらし、心豊かな生活が送れたら・・・こんな素敵なことはありませんね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100901024144
  • 20100901024307
  • 20100901024527

本記事は、2012年08月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る