生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. エジプト旅行でオススメの時期と注意ポイント

エジプト旅行でオススメの時期と注意ポイント

2012年08月20日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

エジプトは日本からも本当に遠く「なかなか行けない場所」というイメージがありますね。筆者も、テレビで何度もドキュメンタリーを見て「行って見たいな~。」と子供の頃から思っていたので、実際に、エジプトに着いたときは、本当に感動しました。

今回は、エジプトに行った筆者の体験談から、エジプトへ行った時期や気をつけるべきことを紹介します。

この記事ではnanapiユーザーの体験を元にしたHowtoを紹介しています。ここに示したものは一例としてお考えください。

行った時期

筆者は4月にエジプトに行きました。理由は、10月にドイツから転勤する予定だったので、その前に行きたかったからです。また、4月ならまだそんなに暑くないだろうし、夏が来る前に行ってしまおう・・・ということで旅行を計画しました。

ちなみに、4月でもエジプトは暑かったですが、そんなに湿気がないので過ごしやすかったです。

4月の服装

エジプトでは女性は肌を出すのは厳禁と聞いていたので、旅行者であったも、その国の人たちの気持ちを害さないために、筆者はスカーフや黒の長袖、ロングパンツ・ツバの広い帽子という格好でした。

服の生地を麻にしたので、長袖&ロングパンツでも暑くありませんでした。むしろ、長袖のほうが直射日光が当たらず、過ごしやすかったのを覚えています。

せっかくの旅行なので「お洒落に気合を入れたい!」という女子は多いかと思いますが、砂埃(すなぼこり)も酷いですし、ラクダに乗ったり、ピラミッドの中に入ったりすることを考えてスカートやショーツは避けたほうが無難だと思います。
スカーフがあれば、風で砂が巻き上がっても、即座に顔をガードできるのでオススメです。スカーフは必須!

この時期に行って良かった点

筆者が行った4月は観光客もピーク時ほど多くなかったので、スムーズに観光出来たことが一番良かったです。気温も高すぎなかったのでバテることなく観光できました。気温が高くて辛かったのは、ピラミッドの中に入った時だけでした。

この時期に行って悪かった点は特にありません。ただ、やはり危険なところではあるので、一人で行動するのは避けた方が良いと思います。

エジプトで気を付けるべきこと

水は買わない

筆者も知らなかったのですが、エジプトではペットボトルに入っていても実は精製されていない水がほとんどのようです。筆者は現地入りする前にガイドさんから「新しいペットボトルに入って売られているような水でも、実は精製されていない水なので、皆さんは飲まないように。食べ物もホテルのもの以外は口にしないで下さい」と念をおされ、お腹が空いたときのために、スナック類と水を各自渡されました。

「大丈夫だろ~」とガイドさんを信じなかった人は、地元の水や食べ物を買い、実際に食中毒になってしまった人もいたようです。楽しい旅行を楽しむためにも、その辺は気をつけたほうがいいかもしれません。

おしに負けないで!

エジプトは、小さい子達でもお土産を持って「安くするから買って」と物凄い勢いでせがんできます。本当に凄いです。でも、負けずに「NO」と無表情で言いましょう。

日本人はお金持ちと思われているので、陳腐なお土産でも金額設定をワザと高くしたりしています。「買ってもいいかな~」と思うのなら、交渉が必須です。

交渉のときはポーカーフェイスで「そんなに欲しくないけど安くするなら買うよ」という態度で、値段が気に入らなければ「じゃ、いらないよ。この値段でしか買いたいとは思わないからね。」ということを伝えましょう。相手に負けずとしつこく繰り返せば、相手も仕方なく了承するパターンが殆どです。

筆者はダウンタウンでどうしても馬車に乗りたくて、パートナーと2人で乗ったのですが、3時間で支払った金額は20ユーロでした。

かなり安いですが、20ユーロでもエジプトでは結構な金額なんだそうです。最初は「アメリカン?一人30ユーロ!安いよ!」といわれたのですが、交渉して、2人で3時間20ユーロにしてもらいました。

一緒に行った観光客の中には、同じような馬車に2時間乗っただけで40ユーロ取られている人たちや、もっと高い金額で1時間だけ、という人たちもいました。

値段はあってないようなものなので、交渉次第で金額が全く違います。
お金は絶対に後払いしましょう。途中でせがまれても払ってはいけません。降りて「ここで5分待ってて」と言っても、お金を貰えば用なし・・・とばかりに戻ってこないからです。

ラクダに乗ってハイポーズ?でもセクハラに気をつけて!!

エジプトといえば、ピラミッドの前でラクダに乗って写真を撮るのが王道ですね。乗り降りが大変なので、現地の人たちが、乗り降りを助けてくれるのはいいのですが、ドサクサにまぎれて、胸やオシリを触るセクハラが多発していました・・・。

「変なトコ触ったらチップあげないよ!」と先に言いましょう。せっかくの旅で嫌な思いをしないためにも、強気で言う事はしっかり言う事が大事です。

おわりに

エジプトは何もかも珍しく、本当に楽しかったので、是非また行きたいところナンバー1です。

素敵な所ではあるけれど、スキをついて狙ってくる悪い人が沢山いるということを忘れずに!

(All Photos by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120809043103 5022be770cedb
  • 20120809043541 5022bf8d6fa32
  • 20120809043249 5022bee13f12e

本記事は、2012年08月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る