生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦喧嘩で絶対言ってはいけない3つのこと

夫婦喧嘩で絶対言ってはいけない3つのこと

2015年04月13日更新

 views

お気に入り

はじめに

脱ぎ散らかされた靴下、ソファーに置かれた濡れたタオル・・「あぁ、またこんな所にだしっぱなしにして!」

家事に追われて忙しい休日など 何気ない夫の言動にイライラしてしまうのはよくあること。そんな時、つい怒りに任せて『言ってはいけないあのこと』まで口にしてはいませんか?

些細なひとことが夫の逆鱗に触れ 取り返しのつかない夫婦の亀裂を生んでしまうことも。そんなことにならない前に、「これだけは言わない!」を頭の片隅に入れておきましょう。

その1 夫の親族の悪口

「そういうだらしないとこ、お義父さんにソックリ。」「お義母さんが甘やかすから。」など 夫の親族を巻き込んでの悪口。

結婚前の自分の実家ではこんなことなかったのに・・と思うとつい言いたくなってしまいますよね。でも夫は基本的には親が大事。「自分のことは言われても親のことまで言われたくない。」という気概もあり、妻の想像以上にガツンとくるようです。

その2 収入についての愚痴

「だったらもっと稼いでよ!」「お金もないのに偉そうな態度ばっかりしないで」売り言葉に買い言葉でつい日頃から気掛かりのお金の話になりそうになったらご用心。

一生懸命働いても収入が思うようにならないのは、夫自身が一番気にしていること。逃げ場のない、追い詰められた感情はいつか爆発します。妻はチクリと言ったつもりでも、夫の悔しい気持ちはとても測りしれません。

その3 過去を持ち出すこと

「あの時だってそうだったじゃない!」「前の彼氏であなたみたいな人はいなかった!」女性は記憶力がよいのか、ついつい古い記憶から引っ張り出してきてまで相手を責めてしまいがち。

でも夫婦関係は常に動いています。今、目の前にある問題から離れて、済んでしまったことに話しを広げても発展はありません。ましてや過去の誰かと比べられたりしたら、夫のプライドが深く傷つけられるのは間違いないこと。絶対NGです。

おわりに

きっかけは小さなことでも、言葉一つで炎上するかのごとく大きくなってしまうのが夫婦喧嘩。でもちょっとした気遣い・思いやりがあれば、お互いの希望を伝えあえる貴重な機会となります。

「あっ、こんな所に靴下が・・。ちゃんと洗濯機に入れてね。」「ごめん。今度から気をつけるからね。」

親しき仲にも礼儀あり。せっかく縁あって夫婦になったのですから相手をむやみに傷つけたり追い詰めたりしないよう、言葉には十分気をつけていきたいですね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100903161823

本記事は、2015年04月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る