生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ご主人が手伝いたくなる家事大作戦

ご主人が手伝いたくなる家事大作戦

2012年07月25日更新

 views

お気に入り

はじめに

主婦は毎日忙しいですよね。

掃除、洗濯、食事の用意、食材や生活消耗品の買い出し…。専業主婦の方でも、お仕事をされている方でも、ご家庭において女性の負担は大きいもの。

「せめて休日くらいは、その負担を旦那様が気づいて欲しい」ところですが、なかなか言葉なしでは難しい。そこで、ご主人が自ら家事のお手伝いをしてくれるコツのご紹介です。

ポイント

その1:まずはキッチンから攻めてみる

キッチンはいわば主婦の聖地!この知り尽くしたキッチンから「お願いしてもいい?」

例えば、料理を作るとき、どこかにご主人がお手伝いできる隙間をみつける。(例えば、味付けやじゃがいもの皮むき、パスタの入った鍋を持ってもらうことや食材を炒めてもらうなど)

みつかったら、お願いをしてみる。困っている奥様のお願いなら、きっと飛んできてくれるはず。

その2:主婦にとって当たり前のことでも、褒めてあげる

何が起きてもイライラせず、ドンと構えて「ありがとう」「助かった」「凄い、コレどうやったの?」お手伝いしてくれたら、感謝の言葉を忘れずに。。。

と言いたいところですが、それだけではその場限りで終わってしまう可能性があるので、食事の際、お手伝いをしてくれたところを次に繋げるよう、褒めてあげる。(例えば、「わたしだけだったら、こうはいかなかった」「どこで覚えたの?今度教えて」など)

キッチンで成功したら、掃除や洗濯なども同じこと。普段やらない旦那様なら、期待以上のことをしてくれると思いますよ。やはり誰だって褒められると嬉しいですものね。

その3:ご主人の休日に実行

 ただし休日であっても、疲れている日は次のチャンスを待つ

おわりに

違う環境で育った二人が、お互いの不満を抱えずに暮らしていくことは、至難の業です。家庭において、細かいところに気づく女性と違い、男性は気づきにくいのです。その一つ一つに態度で示しても、男性にとっては、「機嫌の悪い妻」で片付けられてしまうだけです。

ご主人が社会でピカピカに輝くためにも、奥様の日々のストレスを取り除くことが大事です。家事にスポットを当てましたが、この小さな実績をクリアしていく喜びこそ、ご主人が職場で一歩踏み出せるきっかけになると思います。

ぜひ、お試しください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100903161126

本記事は、2012年07月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る