生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ケチャップ強盗にご注意!アルゼンチン旅行で気をつけること

ケチャップ強盗にご注意!アルゼンチン旅行で気をつけること

2012年08月14日作成

 views

南米のパリといわれるアルゼンチンの首都「ブエノス・アイレス」。タンゴ、エビータの墓、おしゃれ雑貨など、見所がたくさんある大都会です。

そんなブエノス・アイレスで、トラブルに巻き込まれてしまっては、せっかくの楽しい旅行も台無し。今回は、アルゼンチン旅行で気をつけるべきポイントをご紹介いたします。

目次

流しのタクシーにご注意

道端で安易に流しのタクシーに乗らないようにしましょう。よく耳にするのが、高額の乗車料金の請求や紙幣をすり替えです。そのほかにも、偽札を渡されたり、無用な遠回り、最悪のケースは、ドライバーが突然強盗に豹変することがあります。

タクシーに乗る場合は、宿泊しているホテルなどで、タクシー会社から無線タクシーを呼んでもらいましょう。
どうしても、道端でタクシーに乗る必要がある場合、乗車前に、行き先を告げ、料金を確認してから乗りましょう。また、小銭を準備ししておきましょう。

「拭いてあげるよ」強盗にご注意

旅行客に、わざとケチャップをかけて、ティッシュで汚れをふき取るふりをしながら近づき、財布を盗んだり、荷物をひったくる「ケチャップ強盗」がいます。ケチャップだけではなく、様々な口実で近づいてきます。

筆者も、ブエノスアイレスを旅行中、男女の2人組が「背中に鳥の糞がついているよ」「拭いてあげる」と近づいてきたので、急いでその場を離れ、背中を確認したところ、鳥の糞にみえる異臭のする液体を背中に掛けられていました。

親切を装ったフリをして近づいてきます。つい受け取ってしまいがちですが、十分ご注意を。

スキミングにご注意を

ブエノスアイレスでは、大抵の場所で、クレジットカードの利用が可能です。だからといって、安易なカードの使用は禁物です。

スキミングされないようにクレジットカードは、安易に手渡さないようにしましょう。店員の行動が怪しいと感じたら、カードの使用はすぐに取り止めましょう。

カードを切る場合は、目の前で処理してもらうのがポイントです。

おわりに

ブエノス・アイレスは大都会とはいえ、南米です。油断をせずに、気をつけて旅行を楽しんできてくださいね。それでは、buen viaje!

※写真は、アルゼンチンの名物のクロワッサンです。

(Photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120814014604 50292f4c6cf0d

本記事は、2012年08月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る