生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 煮て冷ますだけ!醤油煮豚の作り方

煮て冷ますだけ!醤油煮豚の作り方

2012年08月13日作成

 views

中華料理の煮豚(醤肉・ジャンロウ)を、作りやすい分量、調味料で作ってみました。

方法はとっても簡単。お肉に火をとおしたら、後は調味料に漬け込んで放ったらかしにするだけです。この冷ますプロセスがパサパサしない、しっとりジューシーな味わいのお肉にするポイントなのです。

そのまま食べるのはもちろん、叉焼のようにラーメンに乗せたり、炒飯の具としてもめちゃめちゃ美味しいですよ。

材料 (2人分)

  • 豚ロースブロック...250~300g
  • 長ネギ(葉っぱの部分)...1/2本
  • (A)しょうゆ...大さじ5
  • (A)砂糖...大さじ2~3
  • 水...2カップ
  • 酒...大さじ2
  • おろししょうが...適量

醤油煮豚の作り方

STEP1:豚肉の下準備

豚かたまり肉はタコ糸を巻いて成形します。長ネギは適当な長さに切ります。

タコ糸がなければ、そのままの形で煮ても問題ありません。
肉は煮ると生のときよりもカサが減って縮むので、食べたい量よりも大き目のものを用意すると良いでしょう。

STEP2:豚肉を煮る

鍋に豚肉、ネギ、酒、しょうが、水を入れて火にかけます。沸騰するまでは強火、沸騰してからは弱火におとし、ときどきアクをとりながら30分くらい煮ます。竹串を刺して中から赤い汁が出なくなったら、中まで火がとおっているのでOKです。

STEP3:味つけをする

肉が煮えたらネギをとりだし、(A)の調味料を加えて一煮立ちさせ、煮汁につけたまま冷まします。できれば一晩くらい置くと美味しいです。

お好みで、粒山椒、八角、シナモンなどを加えても良いでしょう。

STEP4:ポリ袋に入れて冷ます

煮汁が少ない場合はポリ袋などに移して全体をつからせるようにします。熱いときに移すとポリ袋に穴が開いたり、やけどをしたりする恐れがあるので、少し冷めてからにしてください。

煮汁につけたまま冷ますのがポイントです。汁から出して冷ますと味が染みないだけでなく、パサパサになります。
ゆで玉子を一緒に加えて漬けてもおいしいです。

STEP5:完成!

適当な厚さに切って、お皿に盛り付けてできあがりです。残った煮汁は、煮詰めてタレとしてかけても良いです。薬味として、おろしにんにく、粒マスタードなどを添えると美味しいです。

おわりに

あらかじめ作っておけるので、持ち寄りパーティーやおもてなしのお料理にもおすすめです。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120813114143 50286967bc614
  • 20120813114156 50286974a1c53
  • 20120813114204 5028697c52797
  • 20120813114212 50286984b8623
  • 20120813114221 5028698d8c183
  • 20120813114243 502869a3882e9

本記事は、2012年08月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る