生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 浴衣を着た女性向け!花火大会デートでのNGな言動10選

浴衣を着た女性向け!花火大会デートでのNGな言動10選

2016年05月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

夏の風物詩、花火。夜空に浮かぶ華やかな花火はとてもロマンチックな気分になりますよね。

だからこそ、最後までロマンチックなデートを楽しみたいもの。今回は彼の気持ちを冷めさせないために、浴衣を着た女性がこれだけは避けたい言動をご紹介します。

NGな言動10選

1:不機嫌そうな顔

はっきり言って花火大会は混みます。どこもかしこも人だらけで待ち時間も長く疲れがち。だからこそ、不機嫌そうな顔になるのはNGです。疲れているのは彼も同じです。ちょっと疲れても笑顔を心がけましょう

2:「レジャーシート持ってきてないの?」とがっかりする

レジャーシートに限らず、男性なら当然こうしてくれるだろう、という勝手な期待を持ち過ぎて、責めたりがっかりされると彼も傷つきます。頼んでいないことをしてくれたときに、むしろ感謝しましょう

3:待ち合わせに遅刻する

花火大会は開始時刻が決まっているイベントです。彼としても最初から観たいと思っているもの。遅刻してしまっては彼もがっかりしてしまいます。

浴衣は思っているよりも着付けに時間がかかります。特に自分で着る場合には、少し多めに時間を見積もりましょう

電車やバスも遅延しがちなので心持ち早めに出ましょう。

4:浴衣の着崩れを直さない

花火大会で歩いていると結構見かけるのが浴衣の着崩れ。見た目にも疲れて見えてしまうし、彼も残念な気持ちになります。着崩れてないか、トイレなどでさり気なくチェックするようにしましょう。

「ねえねえ、人ごみ通ったけど、浴衣崩れてないかな?」

と1、2回なら彼に聞いてもいいですよ。

着崩れの直し方だけは覚えておきましょう。

5:浴衣を着ている意識がない

浴衣を着ていると大股で歩いたり足を広げて座ったりすると、普段以上に目につきます。彼に「ガサツだな…」という印象を持たれないためにも、普段よりもおしとやかに行動するようにしましょう。

6:足元がサンダル

下駄を履き慣れていないし長距離歩くから…というのはわかりますが、せめて下駄っぽいサンダルにしましょう男性は意外と形に拘ります。明らかにビーチサンダルのようなものはがっかりしてしまいます。

7:しゃべり過ぎる

花火中はその雰囲気も含めて楽しみたいもの。そこでしゃべり過ぎると折角の雰囲気も台無しです。また、帰りは彼も疲れているので、反応が鈍くなってしまいがち。彼をいたわりつつ、ゆっくり楽しい話をしましょう。

8:文句ばかり言う

1でも書いたように、疲れているのは彼も同じです。着慣れない浴衣で疲れが倍増しているかもしれませんが、せっかくの楽しい気持ちを台無しにしてはもったいないですよね。

また、彼も浴衣の女性をリードし慣れないからこそ、わからないことも多いもの。自分は当然こうしてほしいということも、彼から見ると気付けないことも沢山あります。優しくお願いするようにしましょう

9:他の女性を批判する

花火大会では、他の女性の浴衣の着方が少しおかしかったり、着崩れてしまっているのが目につくこともあるかと思います。だけど、他の女性の批判をするのはNG。楽しい気持ちが減ってしまい、彼をがっかりさせてしまいます。

10:彼の服装を褒めない

彼も浴衣を着てきてくれた場合は褒める人も多いかと思いますが、意外と忘れがちなのがそうでない場合。彼女が浴衣を着てきてくれるとわかっていた場合は特に、彼も悩んでそのファッションを選んでいる場合も多いです。NGまではいきませんが、出来れば褒めるようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか。男性が注意したい点と重なるところも多くありますので是非そちらも参考にしてくださいね。

あなたの花火デートが成功することを祈っています。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120811171655 502614f7d8eab

本記事は、2016年05月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る