生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ヨルダン旅行で役に立つ現地語4つ

ヨルダン旅行で役に立つ現地語4つ

2012年08月10日作成

 views

お気に入り

はじめに

アラビア語圏である中東の国の一つ、ヨルダン。砂漠や遺跡など魅力的なものは多いのですが、言葉がネックで敬遠している人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、筆者の経験をもとに、現地で役に立つアラビア語をご紹介します。

この記事ではnanapiユーザーの体験を元にしたHowtoを紹介しています。ここに示したものは一例としてお考えください。

役に立つアラビア語

アラビア語は国や地域によって、なまりのようなものがあります。ここで紹介するのは、わりとどこの国でも通じる共通のものです。

アラビア語は、話し相手が男性か女性かによって、語尾が変わってきます。注意してください!

「こんにちは」

  • 男女共通「アッサラーム アライクム

もし相手から先に「アッサラーム アライクム」と言われたら、「ワ アライクム アッサラーム」と返してください。アラビア語は、同じ言葉で返事することを嫌います。

「ありがとう」

  • 男女共通「シュクラン

「どうぞ」

  • 男「タファッダル
  • 女「タファッダリー

すみません」という意味でも使えます。また、もしこう言われたら、「シュクラン」と言って、好意を受け取ればOKです。

「いやです!」

  • 男女共通「ラー!

本当の意味は「いいえ」ですが、相手の言うことが気に食わなかったときなどによく使います。

おわりに

ヨルダン人は、大人も子供も、観光客を見ると「ヨルダンへようこそ」と笑顔で声をかけてくれる、とても素敵な国です。

あまり馴染みのないアラビア語ですが、日本人が少しでもアラビア語を話せると分かると現地の方々は大喜びで、さらに親切にしてくれます!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120809233616 5023cae0f1858

本記事は、2012年08月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る