生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 計画的にのんびりする!一人暮らしの休日の過ごし方

計画的にのんびりする!一人暮らしの休日の過ごし方

2012年08月09日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

休日も目的はリフレッシュすることだと思います。そのために、いつもと違う場所にお出かけしたりするのも手段ですが、休日という24時間をたっぷりと贅沢に使うのもリフレッシュ法のひとつではないでしょうか。

筆者が一人暮らしをしていた時、月に一度は「時間を贅沢に使う」という一日を過ごしていました。一見ダラダラしているように感じるかもしれませんが、実は計画的なのんびり法なのです。

共に生活する相手がいないからこそ、誰かに気を使うことなく、時間を自由に贅沢に使う、一人暮らしならではの休日の過ごした方をご紹介します。

朝の過ごし方

のんびりと言っても、ダラダラ寝ることはありません。普段通りか、それよりも少し早く起きます。筆者の場合は、8時くらいにはベッドから出て活動をはじめます。

やること

  • 朝食
  • 洗濯
  • 掃除
  • 買い物リスト作成

これらは10時30分くらいまでには済ませておきます。

「やるべきこと」のノルマはこの時点で終了!家事は朝のうちに終了させます。

午前中の過ごし方

お店が開店し始める10時〜11時までの間に買い物リストを持ってお出掛けします。

ポイントは買い物リスト

買い物リストには、必要最低限のものと家でできる娯楽用品だけを書き込みます。以下の点に注意します。

  • おしゃれして出掛ける店に用事をつくらない
  • 行き先はスーパーやレンタルショップにする
  • 買う物は食材や日用品がメイン
  • DVDは「見て決める」よりは「決めてから行く」
  • 夜の過ごし方を軽くシミュレーションする

買い物欲が出ないようにあらかじめ必要な物をメモします。お菓子やDVD、マニキュアやアロマなど、家で楽しめそうなものは買ってもOKです。

昼の過ごした方

買い物から帰ってきたら「今日は、もう外出しない」気持ちで、思いっきり開放感に浸ります。お部屋もキレイだし、洗濯も干したし、もう自由です!

これがおすすめ

  • シャワーを浴びて午前中の汗を流す
  • 半身浴をする
  • ビールを飲む
  • 負担にならない程度の料理をする
  • DVDやテレビを観る
この時間からは、全くフリー!一番気持ちが良い時間です。お風呂に入っても、昼からビールを飲んでも、誰にも邪魔されない一人暮らし至福の時間です。

午後の過ごし方

15〜16時くらいからは、あえて静かに過ごします。気温やセキュリティ的に問題なければ、窓を開けて部屋に風を通します。もちろん音楽やテレビも消します。

これがおすすめ

  • 昼寝
眠れなくても、少し横になります。本を読むのも良いです。普段聞こえない家の近くの音に耳を澄ましたり、ボーッとしていると、旅に出た時のような贅沢な時間を感じることができます。

夕方の過ごし方

17〜18時くらいから、またゆっくり活動します。とは行っても、出掛けるわけではありません。ネイルやアロマでも良いですし、自分の気の向くままで過ごします。

これがおすすめ

  • 長電話
朝から誰とも会話してないので、実家や友人などに電話します。のんびり過ごした日の夕方は、心も穏やかなので以外と素直な会話ができたりします。

夜の過ごし方

そろそろ、明日のことも考えなくてはいけない時間です。ゆっくりお風呂につかってから、明日以降の準備を整えます。昼間にビールを飲んだので、夜のお酒は控えめにします。

やること

  • 入浴
  • 料理(お弁当の準備など)
  • 肌のお手入れに時間をかける
  • ストレッチ
23時までには就寝するようにします。その夜の睡眠も含めて「のんびり時間を贅沢に」使います。

おわりに

「何もしてない一日」と感じる人もいるかもしれませんが、一人暮らしだから誰にも文句は言われませんし、邪魔されることもありません。

最大のポイントは朝しっかり起きることです。午前中のうちにやることを済ませてしまえば、罪悪感なくのんびりダラダラしてOKなのです。これが意外なほどリフレッシュできたりするのですよ。ぜひお試しください。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120809115821 5023274def7e8

本記事は、2012年08月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る