生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 小物の王様、帽子を選ぶ基礎の基礎

小物の王様、帽子を選ぶ基礎の基礎

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

ファッションのポイントに欠かせない、帽子。

かぶるだけで全体のバランスが取りやすいこのアイテムですが、ちょっとした選び方でさらに印象をグッと深めることができます。何点か紹介しますので、参考にして頭の一部となるようなお気に入りの帽子を見つけましょう!

帽子のサイズの選び方

一般的に、帽子を深くかぶって、帽子と頭の間に指が2、3本入るくらいがグッドサイズだと言われています。

帽子の形によっては、緩めの方が丁度良かったりするものもあります。また、個人の好みの部分もあります。

例えば、髪にあとがついたり、髪がペッタリとしてしまうのを嫌って大きめのサイズをお選びになる人もいますし、風で飛ばされないように、きつめのサイズをお選びになる人もいます。

まずは好みで、そのあとにどのような状況で使用するかを頭に置き、いろいろ選んでみましょう。

顔の形に合う帽子の選び方

顔の形や体型によって、合わせやすい帽子の形をある程度絞ることができます。

基本的には、顔の形に近い形の帽子が似合いやすいと言われています。

例えば、面長の方は細長いシルエットの帽子、丸顔の方は丸いシルエットの帽子、角張った顔の方は四角っぽいシルエットの帽子をかぶることで、顔の形の印象を和らげることができるようです。

帽子が大きければ顔が小さく見え、帽子の方が丸ければ顔が丸くないように見え、帽子の方が四角ければ顔が四角くないように見えるということです。

つまり、帽子をかぶることで顔の形の印象を和らげたり、また逆に強調したりすることができるのです。上述のように和らげることは、帽子が似合う近道ですが、逆に強調するのも1つの方法、個性につながります。

おわりに

さぁ、お店に帽子を探しに行きましょう、そしてお気に入りとの1点との出会いに胸を躍らせましょう!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100902164141

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る