\ フォローしてね /

顔写真で作るオリジナル福笑いの遊び方

このライフレシピのもくじたたむ

福笑いは「おかめ」や「おたふく」といわれる日本顔の輪郭の上に、目隠しをしてバラバラにした顔のパーツを並べていく遊び。昔はお正月遊びとして浸透していましたが、最近はあまり見なくなりました。

今回は、自分たちの顔写真を使ってパーツを作るオリジナル福笑いの遊び方を紹介します。リアルな顔写真を使うことで、よりシュールで笑える福笑いになります。

本記事は、オトナコドモラボのご協力により、2010年に執筆されたものです。

用意するもの

  • 輪郭の台紙(のっぺらぼう)
  • 顔写真をプリントしたもの(A3サイズが最適) 数枚
  • マグネットシート(机の上で遊ぶ場合は厚紙)
  • のり
  • はさみ
  • ホワイトボード(机の上で遊ぶ場合は不要)

つくり方

STEP1:台紙をつくる

輪郭の台紙をつくります。市販の台紙を使ったり、ホワイトボードや紙に手書きで描いても良いですが、今回はプリントして使えるオリジナルの台紙を用意しました。

STEP2:パーツを切り抜く

自分たちの顔写真(正面を向いているもの)を、台紙と同じサイズにプリントアウトし、「まゆ毛」「目」「鼻」「口」(めがね・髪の毛・帽子)などのパーツを切り抜きます。

自分の顔写真だけでなく、歴史上の人物や漫画のイラストなどを混ぜても、楽しめます。

STEP3:パーツを貼り付ける

切り抜いたパーツをマグネットシートに貼り付け、更にマグネットシートを切り抜きます。机の上で遊ぶ場合は、マグネットシートの代わりに厚紙でも代用できます。

STEP3:あそぶ準備

ホワイトボードに輪郭の台紙を貼り付けて、切り抜いたパーツをひとまとめにします。目隠しをしたら、準備完了。

あそび方

おわりに

一般的な福笑いは顔のパーツが1つずつですが、このオリジナル福笑いは、複数のパーツを用意するところがポイント。まゆ毛が口になったり、目が3つの顔になったり、ある意味現代アート作品とも言えるシュールな顔が完成します。パーティーの余興や、子供の誕生日会などにもおすすめです!

このオリジナル福笑いは、子供向けのワークショップを行っているLiAさんに教えていただきました。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。