生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 「子どもが欲しい」と旦那様に伝える絶好のタイミングと効果的なフレーズ

「子どもが欲しい」と旦那様に伝える絶好のタイミングと効果的なフレーズ

2012年08月06日作成

 views

奥様と二人だけで過ごす時間が楽しいという幸せな男性なら、奥様を共有しなければならなくなる子どもの存在はなかなか考えにくいものです。また、子どもはお金がかかることもあり、男性からしてみれば、「いつか」や「まだまだ」と、ついつい後回しに考えてしまう傾向があります。

一方女性はと言うと、周囲からの圧力や、年齢等を考えると、「結婚=子ども」ということを、強く意識してしまいます。

だからと言って、常に男性に「子どもが欲しい」「子どもはどうするの?」と女性から攻撃的に言ってしまうと、男性は身構えてしまい、かえって逆効果になってしまいます。女性側はぐっと我慢し、ここぞのタイミングで、効果的に「子ども」「家族が増える」「パパ」「赤ちゃん」等の単語を使い、「子供が欲しい」と穏やかに伝えるべきですよね。

旦那様の気分を害さず、「子どもが欲しい」と伝えるタイミングと効果的なフレーズを紹介します。

子どもが欲しいことを、いつも口に出さないように気を付けながら自然と時期を待つことが重要です。

目次

タイミング1:住居の更新時を狙う

賃貸住宅の更新時期は特にオススメです。「今が子どもを作る時期なんじゃないか?」「私は子どもが欲しいんだ。」ということを、真面目にアピールします。

もうすぐ賃貸の更新時期だよね。もう少し間取りの広い部屋に引っ越さない?子どももできるかもしれないし…

この辺りは買い物にも便利だし、近くに公園もあって、子どもができた時に散歩しやすそうだね。

こういった会話の中でもしも子どもができた時という過程を盛り込み、子どもの存在を意識させれば男性側もはっとするはずです。

さりげない会話の中で、自分達の未来を伝えられます。

タイミング2:イベントの時を狙う

誕生日やクリスマス、お正月など特別な雰囲気の時に、次回のイベント時も二人で過ごすのか、家族が増えている方がいいのか、しっかりと認識させましょう。

こうやって二人だけでお祝いができるのもそろそろ終わりかなぁ?だんだん家族が増えて賑やかにお祝いしていくんだろうね。

○○歳のお誕生日おめでとう。今年は人生の大イベントはあるかな?そろそろパパになってみる?

普段よりやや大胆な内容の会話でも、イベントという特別な雰囲気が盛り上げてくれるので思い切って伝え、意思の確認をします。今まで子どものことを考えてこなかった男性でも、「パパ」という響きに絶対にドキッとするはずです。

一年に一回しかないイベントは、来年のイメージを膨らませやすいです。

タイミング3:赤ちゃんを見て微笑んでいる時を狙う

親戚の子や、街で見かける可愛い赤ちゃんなどを見て、男性が微笑んでいる時は、何も考えずにただ「可愛いなあ」と思っているはずです。ここで勝負!

可愛いねぇ。私達もあんな可愛い赤ちゃんが欲しいね。

このタイミングは遠まわしに言わず、素直に伝えるのが絶対に効果的です。自分達の子どもなら、もっと可愛い子に違いないと、男性側もきっと未来を明確にイメージするはずです。

力まずに、ごく自然に切り出すことが重要です。チャンスを見逃さないように。

おわりに

子どもを作るには妊娠期間約一年。次の妊娠期間までは、更に一年かかります。一人産めば、必ずその子どもの兄弟のことも考えなければならず、もし二人の子どもを短期間に欲しいと思ったら、早くても三年はかかり、三人であれば、それ以上にかかります。

自分を取り巻く年齢や、環境をうまく伝えていくことも大切ですが、何よりも男性が本当に子どもが欲しいと思ってくれることが、女性にとっても大きな喜びであり、これから始まる妊娠期間も心強く支えてくれる存在になると思います。

(Photo by 足成 http://www.ashinari.com/2011/05/22-347845.php?category=53)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120803153103 501b7027c6977

本記事は、2012年08月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る