生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 服を脱ぎ散らかす夫の教育法

服を脱ぎ散らかす夫の教育法

2012年08月06日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

どうして男の人って服をその辺に脱ぎ散らかすのでしょうか。お風呂に入る前も脱衣所で脱いだ服を床に放置、「脱いだらここに入れて」と教えている洗濯機はすぐそこなのに…。毎回ガミガミ怒るのも嫌になってしまいますね。

同じ悩みを抱えている奥様も多くいるのではないでしょうか。そこで服を脱ぎ散らかす夫の教育法をご紹介したいと思います。

STEP1:指定した場所へ入れない服は絶対に洗濯しない

「脱いだらここへ!」と指定した場所にない洗濯物は絶対に洗濯しません。妻と夫の我慢比べです。

徐々に着られる服が無くなると困るので嫌でも脱いだものを脱衣カゴや洗濯機に入れるようになるはずです。しばらくは床に放置された服を見てイライラする日々が続くでしょうがグッと我慢です。

とりあえず2週間この方法を試してみましょう。洗濯物を放置して着替えがなくなるのを3~4回繰り返すぐらいの期間です。

この作戦で脱ぎ散らかしの癖が改善されれば良いのですがそれでも改善の傾向が見られないのならこのまま続けていても期待は出来ないので次に記述している方法へ移りましょう。

STEP2:脱ぎ散らかした服は夫の部屋へ

残念ながら上記の方法で効果がみられなかった場合の次のステップです。夫が脱ぎ散らかした服は全て夫の部屋へ放り込んでしまいましょう。

着られる服が無くなったら自分で部屋から脱衣所まで服を運ばなくてはならないので夫にとっては面倒くさいことになります。これなら脱いですぐに洗濯機へ放り込んだ方が楽だと思わせるのです。

ご主人の部屋がない場合は適当な入れ物に服をまとめて脱衣所とは遠い所に置くようにしましょう。とにかく自分で服を脱衣所まで運ばなければ洗濯されない状況に持っていきます。

散らばった服を夫の部屋に運んだりする手間がしばらくの間はありますが、これなら普段そこら中に散らばった服を目にしなくてすむので奥様のストレスも少しは軽減されるのではないでしょうか。

おわりに

まずは言葉で夫を説得する、それが駄目ならまず1つ目の方法を試してみる、それでも駄目だったら更に次の方法というふうにぜひ試してみてください。これらの方法で旦那様が脱いだものを所定の場所へ入れてくれたなら、

「ありがとう、とっても助かる」
というように感謝の気持ちをしっかり伝えてあげると良いと思います。たったこれだけのことでガミガミ怒っていた奥様がにっこり笑顔になるんだな、と分かって貰えるとよいですね。

ご主人だけではなく脱ぎ散らかしが治らないお子さんの教育にも応用できるかもしれないですね。日々、家事をこなしている奥様たちのストレスが少しでも軽減されますように。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120730113450 5015f2ca33f7b

本記事は、2012年08月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る