生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. コールセンターへの問い合わせ電話でイライラしないようにする裏テク

コールセンターへの問い合わせ電話でイライラしないようにする裏テク

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

(photo by amanaimages)

忙しいのに、コールセンターに電話しても「待たされる」「たらい回しにあう」「結局解決しない」といったことは皆さん経験されたことがあるのではないでしょうか?

そんな不満を少しでも改善する裏テク方法を今回は紹介したいと思います。

以下の方法を状況と用途によって使い分けると、利用者もコールセンターも幸せになれると思います。

1:音声案内は、「0(ゼロ)」か「押さない」で担当者につながる

これは、「自動音声案内で案内を聞いて番号を押していくのが面倒」な場合や、「要件がまとまっていなくて、とにかく話をしたい!」場合などに有効です。

一般的にコールセンターのほとんどが導入している「自動音声案内」ですが正直煩わしいときがありますよね。

そんな時は、音声案内が始まった瞬間に0(ゼロ)を押してみましょう。混み合ってなければすぐに総合案内などの担当者につながります。

もしも0(ゼロ)でも駄目な時は、音声案内に従わず何も押さないで待ってみましょう。そうすれば総合案内などの担当者につながるはずです。

待っていても担当者につながる理由は、音声案内入力ができない電話機などの利用者でもつながるようにするためのセンター側の対処です。

2:混み合っていない時間帯を狙う

あたり前かもしれませんが。結構効果があるので試してみましょう。混み合うと予想できる時間帯は、

  • 受付開始直後
  • お昼(12時~13時)
  • 受付終了直前

が一般的と思われます。

コールセンターによって少し違うかもしれませんが、「この時間帯なら空いているだろう」と考えてから電話するとよいかもしれませんね。

3:携帯電話などからの場合は、最初に電話番号を伝えておく

これは、圏外などで途中で会話が終了してしまった場合に有効です。「あー、また音声案内からやり直しか…。」といった、苦い思いをしたことはありませんか?

そんな思いをしないためにも、圏外や電話が途中で終了してしまった場合に、かけ直さなくてよいように担当者に連絡先を教えておきましょう。

すると、途中で切れてしまった場合はセンター担当者からかけ直してもらえます。

そう、あなたは2度もかけなくてよいんですよ。

4:担当者の名前を覚える

これは、日を改めて電話する場合などに有効です。電話をする度に、「以前、○○さんが担当してくれた件ですが」と冒頭に伝えるだけでスムーズに会話が始められると思います。

それに、担当者さんも覚えてもらっていると嬉しくなって、よいことを教えてくれるかもしれません。

一般的ではないですが、担当者に感謝を伝える方法があります。そうすることで、担当者は表彰されたりします。気に入った担当者がいたら名前を覚えて、感謝を伝える電話をしてみましょう。

5:「一般的な回答で構わない」と言う

ちょっと知りたいことがあって電話する場合などに有効です。個人情報の確認とかいらないから、一般的な質問として答えてほしい。と伝えると、個人の確認なしで答えてくれますよ。

6:担当者を変えてもらう

これは、担当者が初心者の場合などに利用できる最終手段です。

1秒でも時間をかけたくない!!という時だけ使う手段にしましょう。なるべく利用しない方がよい方法ではあります。

「あ、担当者が初心者かもしれない」と感じて「これはまだまだかかりそうな内容だ」と思っているなら、思い切って「時間がないのでベテラン担当者に変わってください」と伝えましょう。渋られるかもしれませんが、しっかり伝えれば変わってくれるはずです。

こんな担当者には有効かもしれません。

  • 「確認します。」と言って何度も保留にする。
  • 「あー。えー。その。。。」など不要な言葉が多くでる。

上記のようなことが目立つようなら、おそらくベテランではありません。可哀想ですが心を鬼にして言ってみましょう。

少しでも余裕があるならつき合ってあげましょう。「初心者なら仕方ない」と言った気持ちで最後までつき合ってあげたら、担当者の成長につながります。

7:「いつも混み合っていて待てない!」そんな時はTwitterなどを利用してみよう

これは番外編ですが、電話する時はどうしてみ混雑する時間帯なのかなかなかつながらない場合は、TwitterやFacebookなどのSNSサポートを探して利用してみてもよいかもしれません。

最近では、結構多くの企業が導入しているので、リアルタイムでサポートを受けられる可能性がありますよ。

おわりに

長くなりましたが、裏テクの一部を紹介してみました。これで、あなたも今からコールセンターマスター???

コールセンターの方も頑張ってくれていますので、お互いに気持ちよく終われるような会話を心がけましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121210171956 50c59b2c82a2a

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る