生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「ありがとう」がいっぱいの会社にする方法

「ありがとう」がいっぱいの会社にする方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに。

「ありがとう」って魔法の言葉。

また聞きたくて、がんばっちゃったり。

その場の雰囲気がぱ~~っと明るくなったり。

でも、ちょっとシャイな人や恥ずかしい事だと「ありがとう」が中々言えないもの。

そんなシャイな人と一緒に働く人へ

「ありがとう!」が一杯の空間を作るのは
あなたです。

まず、「おせっかい」や「でしゃばり」にならないように気をつけて思いやりのある行動をしましょう。

  • R25を友達の分も取って来てあげる。
  • 「耳毛が出てるよ」と教えてあげる。
  • 仲間のミスを上司に知られないようさりげなくフォロー。
「耳毛出てるよ。きれいな毛だけど、切った方がみんなの声が聞こえやすいかも」

ここからが大切です。

おそらく、彼の父も母も指摘を迷ったであろう事をあなたは明るく指摘してあげました。

ところが、彼は恥ずかしくて、

「ありがとう」

どころか、あなたとの今後の関係性をも心配する状態です。

「ありがとう」言われる前に「どういたしまして」を言ってみましょう。

「どーういたしまして♪」

明るく。笑顔で。

「どーういたしまして!!!」

耳毛男は思わず

「あ、ありがとう・・・?」

と、言ってしまいます。

上級者になったら、語尾として、使っても大丈夫ですよ。

「あ!耳毛出てるよ、どういたしまして。」

他にこんなレシピはどうですか

この記事で使われている画像一覧

  • Handwrite 5wvf6f

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る