生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 扇風機を活用!暖房で効率よく部屋を暖める方法

扇風機を活用!暖房で効率よく部屋を暖める方法

2012年08月03日作成

 views

お気に入り

冬場の寒さは体調を崩す原因にもなりますので、できるだけ暖かいところで過ごしたいですよね。ですが、暖房をつけると電気代がけっこうかかってしまいます。

そこで電気代を少しでも抑えるために、筆者が実践している暖房で効率よく部屋を暖める方法を紹介したいと思います。

暖房で効率良く部屋を暖めるコツ

その1:カーテンをしっかり閉める

暖房をつけるとき、窓やドアは、もちろん閉めると思います。ですが、カーテンはどうでしょうか?全く閉めていなかったり、閉めているつもりでも真ん中に隙間があったりしていないでしょうか。

カーテンを閉めるかどうかで部屋に入ってくる冷気が違い、部屋が効率良く暖まるかどうかが変わります。隙間なく、しっかりとカーテンを閉めるようにしましょう。

できるだけ厚手のカーテンを利用すると、より効果的です。

その2:扇風機を併用する

冬場に扇風機!?と思ってしまうかもしれませんが、これがけっこう役に立ちます。冷房で効率よく部屋を冷やしたいときに、扇風機を併用する、というのはよく聞く話ですよね。

筆者も「ならば暖房でも同じことではないか」と思い、試しにやってみました。暖かい空気が扇風機によって広がるので、部屋全体が心地よく暖まります。

暖かい空気は軽いので、扇風機の高さを高くして首を下に向けて回しましょう。

その3:エアコンの吹き出し口の向き

エアコンの吹き出し口を自動運転にしてると、満遍なく暖かい空気がいきわたるように思いますが、実はそうでもありません。暖かい空気は軽いため、上に上がっていきます。そのため部屋の天井付近が一番暖かく足元はひんやり……という、効率の悪い暖まり方をしてしまいます。

そこで筆者は、吹き出し口は常に一番下を向いた状態で固定するようにしました。下向きに出た暖気は足元を暖め、上に上がっていくので、足元も天井付近もしっかり暖まります。

下を向けた吹き出し口付近に扇風機を置くと、より効果的です。

3つのステップで簡単に電気代節約&あったかに!

執筆者の場合はこの3つの方法を実践したことで、北向きの寒いお部屋が23度設定でも充分に暖まるようになりました。

どれもすぐにでも実践できる方法なので、一度試してみてください。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120802101240 5019d40844278

本記事は、2012年08月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る