生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 面接での緊張がやわらぐ考え方

面接での緊張がやわらぐ考え方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

人と話すのが苦手な場合、面接は大きな関門ですよね。しかし、相手にしても「あなた」をしっかりみて一緒に働いていきたい人物かを見定める場でもあります。避けては通れない道なので、しっかり自己アピールしましょう。

感謝の気持ちを忘れずに

仕事は自分の能力の120%くらいのところでやると自分の能力があがってきたと実感できます。しかし、それはあなた一人の力ではないはずです。今、目の前の面接してくれている人が手助けしてくれる人かもしれません。

面接の機会を与えていただいた事にも感謝することは当然のことですが、将来的に起こりそうな具体的な「良いイメージ」を想像をして感謝の気持ちをもって面接にあたると相手にも、その「良い空気」は必ず伝わります。

仕事ではどんなポジションにつくにせよ相手があってのビジネスです。常に相手に気を配ることが自分の周りの空気を良くします。営業の仕事では特にそうですが相手を思う気持ちがなく仕事にはなりません。

自分を必要以上に飾らず、素で挑みましょう

必要以上に自分を演出して入社しても創ったイメージと実際の自分のギャップに苦しみます。自分の良い面だけ伝えるのではなく、自分の欠点も伝えましょう。

大切なことは、その欠点に対して自分はどういった「振り返り」や「対策をしているのか?」ということです。欠点はその人の魅力でもありますが、それを素直に受け入れ、正す努力をしている姿が好感をもてます。

さいごに

面接が終わっても人生は人との出会いなく進みません。常に相手に感謝の気持ちを忘れず、素直な自分で勝負しましょう。常に目の前にいる相手を好きになってしまえるよう心掛けるといいです。

鏡のようなもので不思議と相手も好感をもってくれます。こういう空気が作れたら「緊張する」とか「失敗したらどうしよう」とか不安を抱えずに本当に話したいことも話せますし、楽しい時間が過ごせると思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100831101147

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る