生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 雨の日だからこそ!子どもの楽しめる遊び5選

雨の日だからこそ!子どもの楽しめる遊び5選

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

せっかくの休日が雨だとガッカリですよね。

特に子どもが小さいうちは、1日中家にいると退屈してご機嫌ナナメになってしまい親の方もイライラ…。

雨の休日を親子で楽しむ方法を考えてみました。

風船バレーボール

幼児、児童むけ

スペースや子どもの年齢応じた楽しみ方ができるのが、利点です。

小さい子どもなら、ラリーを楽しむ程度。小学生くらいになると、センターラインを決めて点数をつけながら遊ぶと盛り上がります。部屋が狭い場合は座ってする等のルールを決めておくと、安全に遊ぶことができますよ。

家なかオニゴッコ

幼児むけ

「ウチは狭いからー」とおっしゃるなかれ。小さい子は「もういいかい」「まぁだだよ」のやりとりが楽しいので、隠れるのはドアの後ろ等のバレバレな場所で十分なんです。

コツとしては、極力親がオニになること。数を数えながら台所で用事をしたり、捜すフリをしながら床に落ちたおもちゃを片付けたり。子どもの相手をしながら、ほんの少し家事が進みます。

クッキング教室ごっこ

児童むけ

普段は作らないようなスペシャル感のある料理を親子で作ってみましょう。ピザチーズケーキ等、子どもが大好きで材料の多くないモノがおすすめです。

教室ごっこなので親は指示を出すことに専念して、できるだけ子ども自身に料理をしてもらってくださいね。

図書館へ行く

児童むけ

定番ですが…。最近の図書館ってスゴイんです!行ったことない方は、ぜひ1度行ってみてください。単行本以外に、雑誌やマンガやDVDまで(施設によって異なりますが)借りることができます。公共施設なので、当然無料です。

子どもが本好きになればいいなぁという希望も込めて、お近くにある方は親子で出かけてみてください。

あえて散歩する

幼児、児童むけ

汚れてもいい服と靴で、なんなら傘なしで出かけてみましょう。
いつもの公園も水たまりだらけだったりカタツムリがいたり、非日常が楽しめます。

「ぬれたくない」から雨が憂鬱になるのであって「ぬれてもいい」と発想を変えると、不思議に気持ちいいモノになりますよ。

さいごに

雨のせいでテレビ漬けの休日もたまにはアリかもしれませんが、次の雨には雨だからこその休日を楽しんでみてはいかがでしょうか?

(photo by http://www.ashinari.com/2012/05/04-361658.php?category=44 )

この記事で使われている画像一覧

  • 20120611220312 4fd5ec90220e7

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る