生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 楽しい旅行のトラブルを防ごう!財布をなくさない方法

楽しい旅行のトラブルを防ごう!財布をなくさない方法

2012年07月30日作成

 views

楽しい旅行・・・気分が舞い上がってしまい、ついつい失敗してしまったり、トラブルを起こしてしまうこともありますよね。

その中でも、特に注意したいトラブルが財布の紛失です。大切な財布を紛失してしまうと、楽しい旅行が台無しになってしまいます。

そこで、筆者が旅行に行く際に実践している、財布をなくさない工夫を紹介したいと思います。

この記事ではnanapiユーザーの体験を元にしたHowtoを紹介しています。ここに示したものは一例としてお考えください。

目次

被害を最小限に抑える

旅行に行くとなると、旅先で何かあったときのために・・・という気持ちから、ついつい財布に現金を多めに入れてしまったりします。

ですが、たくさん入っているほど無くしてしまったときのショックは大きいですよね。財布に入れる現金は最小限にしたいものです。

そこで現金は控えめに持つようにし、クレジットカードお財布携帯を利用するようにします。クレジットカードは、これも被害を最小限に抑えるために、1枚だけ持っていきます。

財布をなくしてしまったときに、すぐに連絡できるように、カード会社の電話番号を携帯に登録しておきましょう。
あらかじめ旅行先でかかる費用をざっと計算しておくと、現金を持ちすぎることもなく、旅行先での無駄遣いも減らせます。

財布はできるだけ持ち歩かない

財布を持ち歩けば持ち歩くほど、無くしてしまうリスクも高くなります。リスクを減らすために、財布を極力持ち歩かない工夫が必要です。

その日の旅行先での予定を考え、いくらくらいの現金が必要かを計算します。その、必要最低限のお金を、小銭入れに入れて持ち歩くようにします。

小銭入れは大きめで、クレジットカードも入る程度のものが便利です。また、紐付きのものにして、首から提げておくことで紛失のリスクを大きく減らすことができます。

持ち歩かない財布は、ホテルや金庫などに預けておきましょう。

ポケットに財布を入れない

財布を無くしてしまう原因で一番多いのは、ポケットに財布を入れていて座ったときなどに落ちてしまい、気付かずその場を離れてしまうことではないでしょうか。

そういうことを防ぐために、ポケットには財布を入れず、首から提げるか持ち歩き用のバッグに入れておくようにします。

どうしてもポケットに入れたい場合は、チェーンや紐をつけるなど落とさない工夫をしましょう。

持ち歩き用のバッグ選び

旅行先で、出歩くときに使う小さめのバッグを用意し、そこに財布を入れておくのも紛失のリスクの少ない方法です。

持ち歩き用のバッグは、チャック付きのものを選び、開けたら必ず、すぐにチャックを閉めるように気をつけましょう。

また、手提げタイプよりも、出先でも身軽でいられ、置き忘れてくる心配のない身に付けるタイプのバッグがオススメです。

ボタンで口を閉めるタイプのものは、何かの拍子に開いてしまうことがあるので、しっかり閉まるチャックタイプがオススメです。
CHECK:ウェストポーチなら、必要なものを取り出しやすく、中身を紛失するリスクも低いので旅行に最適ですよ。

おわりに

せっかくの楽しい旅行を台無しにしてしまわないために、できる限りの方法でリスクを回避して、大切な財布をなくさないようにしましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120729054706 50144fca8c0f6

本記事は、2012年07月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る