生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 20代後半の女性に喜ばれる結婚祝い3選と贈るタイミング

20代後半の女性に喜ばれる結婚祝い3選と贈るタイミング

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

20代後半になってくると、少しずつ結婚祝いを贈る機会が増えてきますね。

しかし、普段から仲が良く、好きなもの、欲しいと思っていそうなものを知っている間柄ならば問題ありませんが、相手の趣味や好みなどの情報が少ない中で、どんなものが喜ばれるのかを考えるのはなかなか難しいものです。

そこで、今回は筆者の経験をもとに20代後半の女性に喜ばれる結婚祝いと贈る時期についてご紹介します。

贈る時期はいつ?

披露宴に招待を受けていないけれどお祝いを贈りたい場合は、結婚式の1か月前から1週間前まで、または結婚式後に贈ってもかまいません。

その場合、お返しなどの気を遣わせてしまうので、先方の負担にならない金額にすることも大切な配慮です。

お式当日に贈り物を持参するのはOK?

これは筆者の体験談ですが、結婚式に招待されている場合、当日に贈り物を渡すことはできれば避けたほうが良いと思います。

理由は、結婚式当日は自宅に戻らずホテルなどに宿泊する場合もあり、贈り物を保管しておく場所を確保することが難しい、また、手紙やメモなどが着いていない場合は誰から頂いたのかわからなくなり御礼ができなくなるなどの問題があるからです。

上記でもご紹介しましたが、できれば1か月前から1週間前までに贈るのがベストだと思います。筆者はいつもお祝いの気持ちを込めた手紙を付けて、上記の時期に品物を贈り、式当日はご祝儀のみで出かけます。

どうしても当日に持って行きたい場合は、ご両親などに事情をお話してお預かり頂くか、結婚式場のスタッフの方に尋ねてみられてはいかがでしょうか?

プレゼント選びで避けたほうが良いものは?

「割れる」「壊れる」を連想させるもの

「割れる」「壊れる」を連想させる陶磁器やガラス製品は昔、タブーとされていました。しかし、最近はそういったことにあまりこだわらず、贈られることもあるそうです。

縁が「切れる」を連想させるもの

包丁やハサミなど、縁が「切れる」を連想させるものも避けるに越したことはありません。しかし、本人が料理好きなどで包丁を欲しがっている・・・という場合なら臨機応変に、ということです。

品物の数は、4と9を避けて

4と9は「死」と「苦」をイメージするということで避けるのが無難です。吉とされている9以外の奇数揃えるのが良いでしょう。

20代後半女性に、結婚祝いとしてオススメのプレゼント

20代後半になってくると、少しずつ上質なものを好むようになります。永く使えるシンプルで上質なものは、一生の思い出となり、大切に使っていただけると思います。

以下は筆者の経験を元にした、結婚祝いとしてオススメのプレゼントです。

お鍋

ストウブやル・クルーゼなど高価ですが、永く使えてお料理をワンランクアップさせてくれるような上質なお鍋は頂いてとても嬉しかったもののひとつです。

自分では欲しいと思っていてもなかなか買おうとまでは至りませんでしたが、頂いて使ってみると料理の仕上がりの違い、美味しさの違いに驚き、ぜひ友人にも贈りたいと思いました。

野田琺瑯

野田琺瑯の保存容器やケトルなども、上質な琺瑯製品も自分ではなかなか買わないけれどあると嬉しいものです。これは友人に贈りましたが、先ほどご紹介したような理由でとても喜んでもらえました。

お鍋もそうですが、「大事に使えば一生モノ」と言われる上質なキッチン用品は永く使えるため、結婚した時から使っているなぁと、使えば使うほど愛着がわき大切なものになります。

エプロン

これは筆者自身も結婚の時にたくさん頂きましたし、筆者も結婚祝いで贈りました。

やはり結婚したら、これまでしなかった人も毎日料理をすることになります。エプロンは主婦の制服ではないでしょうか?筆者は、頂いたエプロンから「慣れない家事もがんばれ!」と新生活へのエールをもらった気がしました。

それから、筆者自身も友人にはキッチンに立つのが嬉しくなるような色鮮やかで素敵なエプロンを贈ることにしています。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

大切な人への贈り物選びに、この記事がお役に立てば幸いです。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/07/09-365010.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20120726230949 50114fadf2677

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る