生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 寒い・・・!冬場のオフィスでできる寒さ対策

寒い・・・!冬場のオフィスでできる寒さ対策

2012年07月25日作成

 views

はじめに

たくさんの人が働くオフィスでは場所によって暑かったり寒かったりしますよね。

自分以外にも人がいるため、勝手に空調の温度調節をすることも難しく、特に女性は男性よりも体が冷えやすいことから、肌寒い中で仕事をする人も多いと思います。

筆者は以前、建物の構造上、外からの冷気が入ってくるオフィスで働いており、足元が冷え冷えする中働いていたことがあります。

そこで、筆者が実践したオフィスでの寒さ対策の方法をご紹介します。

寒さ対策に必要なアイテム

ひざ掛け

簡単に準備できるもので、多くの人がすでに実践していると思います。

ただ、ほとんどが座っている状態の人ならまだいいのですが、オフィス内でも立ち歩くことが多い仕事の人はひざ掛けは時として邪魔になることもあります。

ひざの上にかけるのが一般的ですが、イスの座る部分に敷いておくと少しだけ暖かく感じます。

レッグウォーマー

靴下は2枚履き、更にその上にレッグウォーマーをつけていました。

特に足元が冷える女性にはあると助かるアイテムです。

温かい飲み物

体を冷やさないために常に温かいお茶を飲むようにしていました。いちいちお湯を入れに行くのは面倒なので、魔法瓶を使うのがポイントです。

魔法瓶にティーバッグを入れ、お湯を入れてデスクの上に置き、飲みたい時に飲みたい分だけコップに注いで飲みます。

この時、コップに必要以上の量を注ぐと飲みきれず、後で冷たくなってしまうので気を付けて下さい。飲み物が冷たくなってしまった場合は、電子レンジがオフィス内にあるのであれば、レンジで温めて飲むといいです。

温める際は耐熱のコップであることを確認しましょう。
ショウガなど、体を温める作用のある飲み物もオススメです。

電器あんか

ホットカーペットの小さい版のような物です。筆者が使っていたものは元々、足元に置いて足を温めるものだったのですが、付属の足を入れる毛布のような物を取り外し、あんかの部分をイスに置いて「温座布団」のような形で使っていました。

そのまま座ると熱すぎるので、ひざ掛けを上に置いて温度を調整していました。この電気あんかが一番暖かくてとても助かりました。

足元に置く小さ目の温風機やストーブもありますが、足元は目に見えない場所なのでスイッチを切り忘れてしまったり、オフィスの乾燥にもつながるのであまりお勧めしません。

電気を使う物を使用する場合は、それだけ会社の電力を使うことになります。
消費電力が高い物は使わず、長時間席を空ける時や帰宅時には必ず電源を切るのを忘れないよう気を付けましょう。

おわりに

オフィスが寒いと、寒さの方が勝って仕事に集中できないこともありますよね。

普段から代謝を良くし、冷えにくい体づくりをすることも大切です。

風邪をひかないようしっかりと寒さ対策をして冬場のオフィスでの仕事を乗り切りましょう!

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120725134112 500f78e836e83

本記事は、2012年07月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る