生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 私の婚約指輪の選び方

私の婚約指輪の選び方

2012年07月25日作成

 views

婚約指輪はプロポーズと共にもらう……のがカッコいいとは思いますが、気に入ったデザインや石のものがもらえずにガックリした友人を何人も知っています。

もし、サプライズプロポーズを考えている男性なら、後々のためにもしっかりリサーチすることが大切です。また、女性の立場としては、自分の好みをきっちりアピールすることが必要かと思います。

そこで、筆者の婚約指輪の選び方について、体験談を交えて書いてみたいと思います。

婚約指輪を選ぶ

婚約指輪を贈るタイミング

相方いわく「ヘタなものを買うと、受け取ってもらえないと思った」ということで、婚約指輪はふたりで選びに行き、両家の顔合わせ食事会のときにプレゼントしてもらうことにしました。おかげで、筆者の好みに合うものが選べることに。

予算

「給料3ヶ月分程度」というのはよく言われる話ですが、筆者の場合はまさにそのままの予算でした。相方にはとくに好みやこだわりがなかったので、予算の範囲内で気に入ったものを選べばどのブランドでも大丈夫、という状態でした。

検討

婚約指輪をつける機会は、結婚指輪に比べると少ないもの。でも逆に、つけるのは「ここぞ」という場合なので、歳を取ってからつけても恥ずかしくない、質の良いものを、というのが、まず思ったことでした。

また、シンプルなデザインが好きなので、シンプルだけどどこか主張のある指輪はないものか、と、ゼクシィ等を眺めながらいろいろ考えました。

決断

婚約指輪として最も一般的なのはブリリアントカットのダイヤですが、これはダイヤのモノだけの勝負で、どこのブランドのものを買っても大差ないような気がしたので、候補から外しました。

そこで第一候補に挙がったのが、ティファニーのオリジナルカット「ルシダ」です。予算的にもなんとかなりそうだったので、あとはお店で気に入ったものと出会えるかどうか……というところまで心を決めてから、相方と一緒にお店に行きました。

ティファニーにもいろいろなデザインのものがあるので、ショーウィンドーであれこれ眺めましたが、気持ちが揺らがなかったので、いくつかあった「ルシダ」の中から、その場でいちばん気に入ったものに決めました。

いまでも、まったく後悔していませんし、いちばんお気に入りの指輪なので、「ルシダ」を選んで正解だったと思っています。

「ルシダ」の詳細はコチラ

婚約指輪を選ぶまでに決めておきたいこと

予算が先か? 指輪が先か?

ジュエリーは、上を見ればキリがありません。どんな指輪でも買える予算があればそれに越したことはありませんが、通常は「はじめに予算ありき」できないでしょうか。これが決まらないと指輪を選べませんので、予算をはっきりさせておきましょう。

メインの石は?

ダイヤが一般的ですが、誕生石や彼女さんの好きな石でもいいと思います。同じデザインでも、どんな石を使うかによって指輪の値段は大きく変わります。筆者は、4月生まれにも関わらず、なぜかパールの指輪をサプライズで贈られてショックを受けていた友人を知っていますので、ぜひ事前リサーチをしてほしいと思います。

シンプルか? デザインものか?

ストレートのアームに一石だけの、超シンプルなものから、メレダイヤがたくさん入ったもの、結婚指輪とセットになったものまで、様々な婚約指輪があります。最低でも、シンプル派か、デザイン派か程度はリサーチしておきましょう。

おわりに

婚約指輪を自分で選べる場合、あちこちのお店を見に行って、比較検討したくなる女性は多いと思います。でも、男性にとってはあまり興味のある分野ではなく、楽しくない時間になってしまうかもしれません。ブランドを絞るところまでは女性ひとりで行い、最後のところだけ一緒に行くのが、婚約指輪選びで喧嘩にならないいちばんのポイントかも?

一生大切にしていける指輪、楽しく選べるといいですね。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120724223310 500ea4164aac1

本記事は、2012年07月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る