生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 財布を失くしてしまった時の対処法

財布を失くしてしまった時の対処法

2012年07月24日作成

 views

大事な物がたくさんまとめてある財布をもし失くしたら・・・。

失くさないのが一番よいのですが、あらかじめ知識を持っていればもう少し冷静に対処できただろうに・・・。そんな筆者の後悔もあり、財布を失くした時の対処法を紹介します。

この記事ではnanapiユーザーの体験を元にしたHowtoを紹介しています。ここに示したものは一例としてお考えください。

目次

1: クレジットカード、キャッシュカードの凍結と再発行

まず心配なのは悪用されることです。財布を失くしたことに気付いたら、以下のことをなるべく早く対処しておきましょう。

クレジットカードの凍結

クレジットカードを凍結させます。再発行は電話で24時間応対してもらえます。

無料で再発行まで行ってもらえますが2週間程かかる場合がほとんどのようです。

銀行口座も凍結

銀行口座も凍結させます。銀行も口座の凍結は24時間電話応対しているところがほとんどですが、再発行には銀行に出向く必要があります。

その際、印鑑、身分証明書、通帳、手数料が必要になります。念のため、電話で必要なものを確認しておいたほうがよいでしょう。筆者は何度か足りないものがあり二度手間でした。

忘れがちですが、公共料金の引き落としなどをしていた場合は自分で変更手続きをする必要があります。
CHECK:それぞれを凍結させる際の詳細は、利用しているカード会社や銀行のオフィシャルサイトをチェックしてください。

2:警察署に紛失届を出す

最寄の警察署もしくは交番に紛失届けを出しましょう。

  • いつ失くしたのか
  • どの辺りで失くしたのか
  • 財布の特徴や中身

これらのことを聞かれるので頭を整理しておきましょう。

いざとなると冷静に話が出来ないものです。メモや携帯に上記のことをまとめて見ながら話すとよいかもしれません。

また警察から紛失届出番号を聞いてメモしておきましょう。後から色々な手続きの際に聞かれることがありました。

詳細についてはこちらのページから調べることができます。:都道府県警察における遺失物の公表ページ

3:免許証の再発行

紛失届を出したところで親切な人が届けてくれるのを待てれば良いのですが、日常生活で運転が必須の人は免許証の再発行も必要です。

また免許証を使ってキャッシングなどの悪用をされることもありますので、運転免許試験場か警察署へ出向き、手続きした方がよいでしょう。その際、これらのものが必要になります。

  • 身分証明書
  • 手数料
  • 写真
  • 顛末書(用紙は窓口に置いてあります)
  • 申請書(用紙は窓口に置いてあります)
詳細については最寄りの警察署もしくは運転免許試験場に問い合わせてみてください。

4:保険証の再発行

健康保険の種類により市役所または企業の保険組合などに手続きをとりましょう。手数料はかかりません。

筆者は国保だったので市役所での手続きを行いましたが、その日のうちに仮の保険証を発行してもらうことができました。

詳細については近くの市役所などに問い合わせてみてください。

おわりに

財布を失くすと誰しもがパニックに陥ると思いますが、なるべく冷静に上記の手続きをしっかり行うことができたか再確認しましょう。

ずっと落ち込んでいても仕方ありません。新しい財布を選んだり前向きに気持ちを切り替えられるとよいですね。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120723190029 500d20bde68a6

本記事は、2012年07月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る