生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. もしや本命は他に...?浮気男性を見分ける注目すべきポイント10選

もしや本命は他に...?浮気男性を見分ける注目すべきポイント10選

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

世の男性諸氏、ごめんなさい!これからは浮気がやりづらくなるかも知れません。

そんな大層なものではないですが、浮気してる男性には特徴があるもの。浮気とは相手を欺いている行為。浮気した事を開き直って認めている人を除けば嘘をついているわけで、必ず辻褄を合わせたりアリバイを作り上げる工作をしているハズです。

浮気男性を見分ける注目すべきポイント10選

その1:携帯を3台以上持っている

よほどのガジェットオタクでない限り、携帯3台持ちは怪しいです。2台までなら1台は仕事用という事で理解できますが、3台となると合理的な理由が必要です。回線の維持費も馬鹿にならないです。

  • 電波が入りにくい。
  • 古い機種だけど気に入っている。

こういう理由をあげつらうかも知れませんが、月々数千円余計に払っても問題ないほどの収入があるのかどうか、日々3台持ち歩いても苦にならない人なのか、日々の行動を観察してみましょう。

その2:行動を聞く度に説明が変わる

昨日の出来事について「昨日なにしてた?」と聞いた時と、1日経ってから「一昨日なにしてた?」と聞いた時で説明が変わるようだと果てしなくクロです。また、説明が適当だったり、「明日話す」「言ってもわからない」などとよくわからない説明だったりすると、「バレて別れる事になっても構わない」とすら思っているフシがあります。

本当に隠しごとなどないのなら、さらっと真実を話すのが一番脳を使いません。疲れている時などに聞くと効果大です。

その3:聞いてもいない事をべらべらしゃべる

あなたと会っていない時の事を聞くと、家を出てからどこへ行って何をして何時頃帰宅したなど、小ネタを交えてべらべらしゃべるというのも怪しいです。脳の中のアリバイを読み上げている事が多いからです。

「雨降ってた?」
「電車混んでた?」

などの些細な質問から突き崩せます。

その4:留守番電話サービスに加入した

一度は止めていた留守番電話サービスに再度加入したなど、あなたとの間に一段かませようとする行為はかなり怪しいです。電話がずっと鳴っているのに出ないのも怪しいし、電源をオフにするというのもかなり怪しい、というわけで苦し紛れに留守番電話を使います。

ですが、いまさら留守番電話ってのもちょっと安易過ぎますね。

その5:友人に合わせようとしない

一緒に遊んだ事のある友人が居ても合わせようとしない場合、あなたを友人に取られると警戒している場合と、友人の口からいらぬ情報が漏れる事を警戒している場合とがあります。

同じサークル内で彼女をとっかえひっかえしているような場合は顕著です。

その6:目を合わせようとしない

これまでちゃんと目を見て話していたのに急に目を合わせようとしなくなったらこれはもう、真っ黒けです。

後ろに王蟲を隠しているナウシカのようです。「見せてごらん」と手を差し出すとおずおずと白状するかもしれません。

その7:変な体位を覚えてきた

倦怠期でもないのに、エッチの最中に変な体位やプレイをするようになったら要注意。見も知らぬ浮気相手に調教されたのかも知れません。

その8:好きな曲の趣味が変わった

聞いている曲が変わる、音楽プレイヤーの中身がごっそり変わっているなど、あなたと合う周期などから鑑みて不自然だなと感じるなら、そういう事なのかも知れません。

その9:家に変なものが置いてあった

同棲してる方で、帰宅してみたら見知らぬものがあると驚きますよね。しかも新品じゃないものだったら、それがなんであれ怪しいです。誰に貰ったか聞いてみて、名前を言わずに「友達」などと言おうものなら怪しすぎます。

その10:前科者

「確定です!」とか言っちゃいけませんが、浮気を繰り返す人は本命がコロコロ変わります。そりゃ今はあなたとラブラブかも知れませんが一寸先は闇。真っ暗な闇です。

それでも相手に収入が沢山あってあなたの好きにさせてくれているなど、妥協できる部分があるならともかく、そうでなければ「だめんずなんとか」に成り果てる可能性大です。

おわりに

学校や仕事など、生活しながらこうした浮気工作活動を行なっているため、完全犯罪は難しいものです。ですが、それを暴くか暴かないかはあなた次第。

そして、浮気を疑う前に、自分にも原因はあるかもと考えてどうしたら再びラブラブになれるのか、といった前向きな考えを持つ事もオススメします。

(Photo by http://www.pakutaso.com/pakutasopost-1132.html)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120720201507 50093dbbf0d0c

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る