生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 1人暮らしでもできる、セコクない節約術

1人暮らしでもできる、セコクない節約術

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

1人暮らしをしていると実家との違いを色々な場面で感じますね。特にお金の面でその大変さがわかります。

自分のお小遣いの事だけを考えていればいい実家暮らしは、本当に楽だと実感するのではないでしょうか。少ない収入の中でのやりくりは難しいものですね。

それでも少し意識を変えてみると、節約できることはあるはず。周りから「あの人セコイよね」なんて言われないように上手く節約できる方法があればいいですね

3年ほどですが筆者も1人暮らしの経験があるので、思い出しながらそのポイントを紹介しましょう。

ポイントその1:コンビニからの脱却せよ!

便利なコンビニ、足しげく通ってしまいませんか。駅前で、仕事帰りに、お昼休みにと日に何回も行くと言う人もいますよね。

目的があって行くにしてもつい何か別のものを買ってしまうこともありますね。このついで買いをしやすいのがコンビニなんですね。無駄遣いを減らすためにもコンビニ通いはセーブしましょう。

1人暮らしでは食べるものから日用品まで全部コンビニで買う人も多いのですが、これもやめましょう。スーパーへ行けばお茶は88~98円、お菓子も日用品も安く買えるはず。少しずつの違いでもひと月にすると大きいですね。

ポイントその2:できる範囲から自炊に挑戦!

最近は弁当男子も増えてきましたね。ご飯だけ炊いておかずは総菜屋で買ったり、冷凍食品にしても節約できますよ。少しずつ自分で作るようになれば腕も上がります。

お弁当は無理でもせめてお茶は自分で作って持って行きませんか。スーパーなどに売っているティーバッグのお茶ならペットボトル1本分10~15円くらいで作れます。水筒でも空きボトルでも利用できますね。

夕食もなるべく自炊するように心がけて。普段は節約ご飯、給料日や友達との食事会などでは思い切り好きなものを食べることにしましょう。

ポイントその3:出費を抑えながらうまく人付き合いを!

1人暮らしで嬉しいのは友達や同僚が沢山できることです。仕事帰りや休みの日に誘ってくれるのは有難いことですね。

でも、お財布がピンチの時や貯金したいと思っている時に、色々な友達から誘われて困ってしまうこともあります。断ってばかりだと友達を失くしそうだし辛いですね。

出費を抑えながら付き合いを上手くするために、以下の方法を実行してみてはいかがでしょうか。

  • 激安だけれども美味しい店を頑張って探し自分から提案する
  • 食べ物を持ちよるホームパーティーを提案する
  • 断る時は「親が田舎から出てきて」など周りが納得する理由をつける

いつも断るのではなく、何回かに1度うまくパスするという方法ならセコイとは思われませんね。

ポイントその4:「美容師を育てるための節約」と思ってカットモデルに

生活費を切りつめたい時に美容院の料金は痛いですね。全部自分でという人もいますが、それほど器用ではないと言う人。

いくら節約と言ってもなりふり構わなくなるのは絶対ダメですね。美容に気を使わなくなれば心がすさんでしまいそう。

そこでお薦めは美容院のカットモデル。カットモデルにも色々な目的があってスタッフのスキルアップ、創作の為のモデル、撮影モデル等があります。

トップスタイリストに割安価格でしてもらうもの、材料費だけ必要なもの、無料カットモデルもあります。新人でも先輩スタッフのチェックがあるので、十分綺麗にしてもらえますよ。ネットで検索してみるとけっこうたくさんあります。

ポイントその5:家では主婦の気持ちで

実家にいた時に母親から小うるさく言われていたことはありませんか?例えばこんな風に以下のような感じです。

  • 見てないのならテレビ消しなさい!
  • 水道出しっぱなしで歯磨きしないでよ
  • エアコンの温度こまめに変えてね
  • ドライヤー使い終わったらコンセントから抜いといて
  • 携帯電話の料金プランそれで合ってるの?

実家にいる時には光熱費の心配もなし、携帯電話料金も親任せにしていたかも知れませんね。うるさく言われていた事をそのまま実行してみて下さい。

家計のやりくりをしている主婦は、自然に細かい所に注意がいくのですね。少しでも真似できたら1人暮らしでも節約できるはず

おわりに

いかがでしたか。若い間は見栄もあるし友達との空気を大事にしたいので、なかなか大きな声で節約しているとは言いにくいものですね。

表に出さなくても陰の頑張りで、さりげなく節約できれば嬉しいですね。こっそり節約できて貯金が増えれば、それはまた楽しみにもなるのではないでしょうか。是非参考にして下さい。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120720182734 50092486aec42

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る