生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結婚が決まったら!彼氏のご両親に会う時のポイント!

結婚が決まったら!彼氏のご両親に会う時のポイント!

2012年07月23日作成

 views

目次

彼氏のご両親との対面

彼氏の実家への訪問、そしてご両親との対面、女性が結婚する上で最初の難関です。

結婚前の対面だからこそ、失敗はしたくないですよね。第一印象というものは、のちのちまで影響するものですから、非常に重要と言えます。

そこで今回は、筆者の体験談を交えて「結婚相手のご両親の会う際の注意点」をご紹介したいと思います。

彼氏にご両親のことをリサーチ

まずは彼氏のご両親の「趣味」「最近のこと」を聞きましょう。事前に聞いて、下準備をするのです。趣味がスポーツであれば、そのスポーツの選手や最近の大きな試合まで調べ、山登りなどであれば、どの山に登ったか?など、調べておくべきでしょう。

筆者の場合は、ご両親の趣味が旅行だったので、行ったことのある旅行先の話をしました。もちろんご両親を持ち上げる姿勢で聞くのは言うまでもありません。

一応関連することまで頭に入れておけば十分だと思います。下調べをしておけば、話題に困ることはないと思います。

訪問の際の服装

当たり前ですが、きちんとした服でなければなりませんね。流行の服も、華美な服装もやめておきましょう。シンプルに、派手にならずに、上品にまとめるのがポイントです。

優しい色合い(ピンク、ベージュ、白など)を基調にまとめましょう。原色は、着ている人の印象をキツくするので避ける方が無難です。

ワンピースか、スカート、上はジャケットかカーディガンがいいと思います。ワンピースもスカートも丈は膝くらいがいいでしょう。

筆者が訪問した時は、夏だったのでピンクの薄手の膝丈ワンピースと、白いカーディガンをはおっていきました。

清潔感のある服装が一番大切ですね。

訪問の際のメイク

メイクも服装と同じくらい印象を決めると思います。メイクが濃いのもダメですが、薄いのもいけません。それなりにきちんとメイクをしている印象が大事だと思います。

知り合いのメイクさんに聞いたところ、幾つかのアドバイスを受けました。

  • アイライナーは目の印象をキツくするので、どうしてもの場合は上だけ。
  • アイシャドウはベージュよりのゴールドが実は派手にならず目元をきれいに見せる。
  • マスカラはブラックよりもブラウンの方が雰囲気が柔らかく見える。
  • 口紅は素の唇の色よりも少し色がつく程度が、顔色に映えて美しい。
  • チークはコーラルが血色も良く、健康的に見せるのでおすすめ。

筆者はアドバイスに従ったメイクで訪問しました。とても評判が良くて、なるほどやはりプロの意見だと思いました。今でもアドバイスを活かしたメイクをしています。

よくある女子アナ風の装いやメイクも、参考にするといいと思います。年齢に関係なく受けがいいように仕上げてあるからです。

訪問した際に台所に立つか

お姑さんになる人への対応は難しいところです。台所を率先して手伝って欲しい人、台所はテリトリーなので勝手にきて欲しくない人、いろいろですね。

しかし、あくまでお客さんの立場で訪問しているので、一言声をかけるだけでいいと思います。「いいのよ、座ってて」と言われたら、座っていてもいいでしょう。それで険悪な雰囲気になれば、今後のお姑さんへの対応は少し考えたほうがいいですね。

筆者の場合は、一応「手伝いましょうか」と声をかけましたがお断りされたので、そのまま座っていました。気がきかないと思われたほうが楽だと思ったからです。長いお付き合いになるので、様子見といった意味もありました。

お姑さんの性格が分かってから、お互いの距離感について考えたほうがいいと思います。

訪問が終わったら

きちんとお礼の電話や、お手紙を書きましょう。もてなされた訳ですし、たとえ訪問の時の印象が悪くとも、その気遣いで多少は良くなるというものです。

筆者はお礼を手紙で伝えました。なかなか最近手紙をもらう機会もないので、喜ばれるかなと思ったのと、文字にしたためたほうが気持ちが伝わる気がします。

忘れがちなことですので、こういったことは後回しにせずに、早めに対応しましょう。

終わりに

旦那様のご両親とは長いお付き合いになります。最初の訪問はやはり印象に強く残るので、今回のアドバイスを参考になさってくださいね。

(photo by http://www.ashinari.com/2009/06/14-022293.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120723121623 500cc207f0d5c

本記事は、2012年07月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る