生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 初めが肝心!結婚相手の両親に会うときにこうすればよかったと思うこと

初めが肝心!結婚相手の両親に会うときにこうすればよかったと思うこと

2012年07月20日作成

 views

お気に入り

はじめに

本人同士で結婚が決まるのはごく自然なこと。けれど結婚は二人だけの問題ではありません。

相手の両親がどんな人か。
ここで後の人生決まるようなものです。

後々後悔しないように、著者が感じた事を紹介します。

挨拶するときにこうしておけば良かった!

服装やメイク

著者も結婚したのは初めてですから、いろいろな本やサイトをみて勉強しきわめてノーマルな黒いパンツにシャツという服装で挨拶に行きました。

メイクは普段からあまりしないのでしませんでした。

  • こうすればよかった!

「これからも普段着る服装」で行けばよかったと今は思います。少し変わった服を着るとなんやかんや言われます。自分の意思をこれからも貫き通したいなら初めからそのような服装で行くべきです。

その後の人生服装すら理解してくれない両親ではストレスがたまるだけです。

手土産

なにか気の利いたものを持っていきたいと思い、ケーキを作って持っていきました。

一緒に食べれればとおもったのですが、なにせ相手は田舎の人。甘さが足りなかったようです。

  • こうすればよかった!

田舎には田舎で通用するものを持って行ったほうがよいです。息子は意外と両親の好みなんて知りません。

「それでいいよ。」

「なんでもいいんじゃない?」

を信用してはなりません。

自己紹介

著者はここですべて自分の経歴を話しました。前の職業も今までやってきた事業も。相手の両親はそれで納得してくれたと思っていました。けれど、結婚してから自分の誇りであった事もすべて忘れるようにと言われました。

今まで自分にどんな過去があり、それでもいいといってくれるような両親でないとその後自分が辛くなるだけです。結婚してしまえば旦那なんて「我慢してよ」で終わることがほとんどです。

  • こうすればよかった!

私はこうしたいのですが反対されますか?と聞いて反対すると言われたら結婚を考え直せばよかったと思います。

料理

相手の自宅に行く場合、料理をふるまわれることもあるでしょう。特に同居の可能性がある場合はここで、確認したほうが良いことが数点あります。

  • 冷蔵庫の中をさりげなく開ける

何かを取ってほしいと言われたらチャンスだと思ってください。冷蔵庫を見れば相手がどのような人かよくわかります。すべてがタッパにいれられ陳列されていれば潔癖症ですし、適当に入っていればずぼらでしょう。ここでこの冷蔵庫の使い方は無理だと思ったら別居の道を選んでください。同居すれば軋轢の元です。

  • 味を確認する

同じ地方の出身なら大した問題もないのですが、違う地方の場合その味はなに?というものが必ずあります。そこでこの味付けは無理だと感じたら料理を一緒にする場合は味付けは義母に任せましょう。自分流で味をつけると「まずい」「薄い」などと言われて自分が傷つきます。

おわりに

自分のことを理解してくれない義両親の場合、結婚しても「なんでこんな事いわれるんだろう」と傷つくことが増えます。旦那と二人暮らしならまだしも同居すれば、自分が否定されることがストレスになります。

この先はかえられても、過去は替えられません。
はじめから気に入られる人を演じると後々大変です。

将来のためにも挨拶に行って、ダメだと思ったら結婚をやめるくらいの意気込みが必要です。高齢化の時代、義両親も長生きします。その間自分が病気になるくらいならひとりで生きたほうが楽だと今になれば思います。

挨拶に行ったときに見極めて人生後悔のないように・・・!

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/06/14-022293.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20120720170118 5009104e81890

本記事は、2012年07月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る