生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. いよいよ結婚!彼の両親に会うときに気をつけたいマナー

いよいよ結婚!彼の両親に会うときに気をつけたいマナー

2012年07月20日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

結婚という大きな幸せを目の前にすると、ついつい、舞い上がってしまいますよね。ですが、結婚までの段取りは、そう楽なものではありません。

その1つに、彼の両親に挨拶しなければならない、ということがあります。初対面ならなおさら、緊張してしまいますよね。

そこで、結婚の報告をする際に、彼の両親に好感を持ってもらうために、執筆者が気をつけていたマナーを紹介したいと思います。

やめておいたほうが良いこと

その1:個性を発揮する

「私はこうだから」という個性は、初対面や、あまり深い付き合いのない方に発揮する必要はありません。

服装も、個性的な服装が好きであっても、結婚の挨拶の時くらいは、無難なファッションにしました。

あまり決めすぎた服装でも、彼の両親に気を遣わせてしまうことになりかねません。適度にカジュアルな服装にします。

メイクも、もちろん、個性的なカラーなどは使わず、濃すぎないようなナチュラルな雰囲気にしました。

派手すぎる付けまつげも、この時はやめておきました。

その2:しゃべらない・しゃべりすぎる

何もしゃべらないと、「話しにくい子ね...」という印象を持たれてしまいますし、しゃべりすぎると、余計なことまで口が滑ってしまうことにもなりかねません。

適度に、相手の会話に相槌を打ちながら、無難な会話を楽しむようにしました。

その3:彼とイチャイチャする

彼の母親には、多少なりとも、大切な息子が他人にとられた、というような感情があったりするものです。

その母親の目の前で、彼とイチャイチャするのは、絶対にしてはいけないことです。仲が良いのをアピールするのは、結婚式当日まで控えるようにしました。

守るべきマナー

その1:手土産

彼の家にお邪魔する時には、必ず、母親の好みに合った手土産を持っていくようにします。結婚の挨拶の時も、もちろん手土産を持参します。

事前に、彼に、母親の好きな食べ物などを聞いて、リサーチしておくようにしました。家に行った当日、

お母さんが好きだと聞いたので...

と言って渡すと、大変喜んでもらえました。

その2:片付けの手伝い

執筆者が彼の両親に初めて会ったときは、食事を用意してもらっていたので、後片付けを手伝うようにしました。

彼の家に行って、いきなりお料理を手伝うのは、難しいことですし、相手も、主婦の聖域であるキッチンに、いきなり入ってほしくはありません。

ですが、食べ終わった後の食器を運ぶくらいならできますし、カウンター式のキッチンなら、ずかずかと入っていく必要もありません。

食器を運ぶだけでも、「気の利く子ね」と、好感度がグッとアップしますよ。

おわりに

彼の両親に会うのは、とても緊張することですが、緊張しているのは相手も同じ。そんなに難しく考えすぎず、常識的な行動をしていれば大丈夫です

これから結婚を控え、両親に挨拶に行こうと考えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120718134626 50063fa24f049

本記事は、2012年07月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る