生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 女性向け!結婚前に知っておきたい2つの心得

女性向け!結婚前に知っておきたい2つの心得

2012年07月19日作成

 views

最愛の人と一生一緒にいるという約束を交わす『結婚』。女性なら誰もが憧れを抱くものではないでしょうか?

しかしいざ結婚生活に入ってみると、恋愛と結婚の違いに戸惑うことも多いかもしれません。

筆者も結婚前には、「恋愛と結婚は違うのよ」と助言をもらいましたが、当時はなかなかリアルには想像できませんでした。そんな筆者が「当時の自分に助言するならこう言いたい!」と思う結婚生活の心得をまとめてみました。

心得1:嫌いになっても・・・

嫌いになっても過ごしていかなくてはいけない、と心得よう

幸せな気持ちに水を差すようですが、そうではないのです。長い結婚生活、特に女性はホルモンバランスの乱れなどの影響で気持ちが不安定になることも多いもの。出産などを経験すればなおさら、些細なことでパートナーのことを一時的に嫌いになってしまうことも多いのです。

出産間もなかった頃の筆者は、夫に対して「何でこんなこともできないの?使えない…。」なんて思うことも少なくはありませんでした。でも、それでも立て直すことができなければ結婚生活を続けることはできません。

長い結婚生活の中で見ればほんの一時のパートナーを嫌いになってしまう時期。その一時を「こんな時もあって当たり前」という心構えで過ごしていかなくてはいけないのだと心得ましょう。

『愛があるから譲れること』を把握しておこう

上記の嫌いになってしまう時期に備えて、考えておきたいのが、『愛があるから譲れること』。

誰にだって、欠点の一つや二つありますよね?あなたのパートナーとなる人にももちろんあるはずです。でもパートナーのその欠点が、本当は無条件に目をつむれることではないけど愛してるから許せる、という範囲にあるから結婚したいと思えているはずなのです。

一度しっかりと、その『愛があるから譲れている相手の欠点』を把握して、それが、嫌いになっても我慢が出来る範囲なのか考えてみることが重要です。

もしそれが、“金遣いが荒い”など、生活に直結してしまうことなどであれば、少し結婚を考えなおしてみることも必要かもしれませんね。

心得2:夫婦は一緒に変わっていくもの

結婚生活をしていく中で、お互いがずっと同じでいることなんてきっとあり得ません。筆者の場合も、お互いに少しづつ良い方へも悪い方へも変わっていっているように思います。

「大切なもの」を合わせられるか

その時々の、お互いにとって大切なもの。それがずれてしまうと2人の間に溝ができてしまいます。

何か問題が起きた時に何を1番に考えているかが同じであれば、必ず問題は2人が納得いく形で解決できます。

現在の私達夫婦の場合は、「子供」です。夫が転職を考えた時も、2人とも「1に子供、でも(夫の)夢も大事にしたいよね」という大切なものが一致していたので、それほどぶつからずに考えていけたのだと思います。

成長を待つことができるか

一緒に変わっていく・・・といっても、そのスピードはお互いに少しずれてしまうかもしれません。

例えば、育児に関しては、女性の方が先に上手になるので、夫に対してイライラしてしまうことも。そんな時は急かさずのんびり待つこと。

逆も同じで、途中で仕事を辞めて家事に専念することになり、何一つまともな家事ができなかった筆者に、文句を言わず見守ってくれた旦那にはとても感謝しています。

おわりに

いかがでしたか?

この2つは筆者が結婚生活を送るなかで、本当に大切だと思った心得です。まだまだ続く結婚生活。過ごしていく中でまだまだ沢山の苦労はありそうですが、この2つのことはこれからも心に留めておきたいと思っています。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/03/04-358658.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20120716094921 500365117039a

本記事は、2012年07月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る