生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結婚生活に必要なお金のルール

結婚生活に必要なお金のルール

2012年07月19日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

「結婚生活」その名の通り、結婚をして生活をしていくにはお金は必要不可欠です。
でもなかなか話しにくいお金の話‥。あらかじめ夫婦の間にお金に関するルールを作っておくと安心です。

ポイント1: 二人の収入の管理

二人の収入をどのように管理するか決める

夫婦共働きの我が家ではお互いに家計のためにお金をだしあい、残りは各自のお小遣いとなっています。

夫婦共働きの場合は、収入合算でお財布は一緒にするのか、必要な分を出し合い残りは各自で管理するのか、話し合う必要があります。

扶養範囲内で働く場合は、妻の収入分は生活費として家庭にいれるのか、貯蓄にまわすのか、妻のお小遣い分としての収入なのか、などを決めておいた方が良いと思われます。

ただ、女性は妊娠・出産・子育てとどうしても働けない期間がでてくるので、場合によっては夫のお金を生活費、妻のお金を貯蓄にまわすと良いこともあるでしょう。 

ポイント2: 必要経費の分担

どの項目をどちらが負担するのか決める

家賃、水光熱、食費、雑費、子供にかかるお金など、生活していくには多くの支出が伴います。この分担をどちらがどの程度負担するのかをあらかじめ決めておいた方が後々トラブルが少ないです。

必要経費として生活費からだすか、各自のお小遣いからだすか曖昧なもの(各自の携帯電話、仕事の際の背広やスーツ、女性のスキンケア用品などの消耗品、独身時代から加入しているお互いの保険料etc‥)は、特にどのように支払うのか事前に話し合い、納得できるようにしておきます。

ポイント3: 個人のお小遣い

金額を決めたら使い道は深入りしない!

ここはお互いが納得のいくように決め、その使い道についてはお互いに深入りしないことでうまくいっています。
(男性のつきあいや、女性の美容関係など男女間では理解しにくい支出ポイントがありますよね‥)

余裕があればここで家族のレジャー費も確保できると、休日や長期休暇が楽しみになります。

ポイント4: 貯めるお金

毎月貯蓄額を決めて貯める

長く結婚生活を送る上では家のローンや子供の学費、親の介護や自分達の老後など、将来必要なお金というものがでてくるので、計画的に貯蓄をすることも必要です。

我が家では毎月の貯蓄額を決めており、貯めるお金として最初に振り分けてしまい管理しています。

いつ頃まで(何のため)にいくら必要なのかをあらかじめ決めておき、そのために今いくら貯めるべきなのかを話し合い、無理のない範囲で実行することです。

生活費が余ったら貯金しよう、と思っているとなかなか貯まりません!

おわりに

いかがでしょうか?

夫婦の数だけその家庭なりのお金に関する考え方やルールがあると思います。

しかし、なぁなぁにしていると使ったお金も貯まったお金も流れが見えなくなってしまいます。最低限のルールは事前にきちんと決めておくのは大切です。

大事な生活を送っていくための大事なお金。うまくつきあっていきたいですね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/05/09-361765.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120715142318 500253c61c42c

本記事は、2012年07月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る