生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 元クリーニング屋が伝える、クリーニング代節約のコツ

元クリーニング屋が伝える、クリーニング代節約のコツ

2012年07月19日作成

 views

筆者はクリーニング店勤務経験者です。

クリーニング代節約のポイントは、なるべく自宅で洗うこと、クリーニング店を利用する回数を減らすこと、しみ抜き料などの別料金を発生させないこと。筆者の経験をもとに、クリーニング代節約のコツをご紹介します。

この記事ではnanapiユーザーの体験を元にしたHowtoを紹介しています。実践する際は自己責任で行なってください。

目次

洋服選び

クリーニング代の節約は、実は洋服選びの段階から始まっています。

洗濯表示を確認しよう

服を購入する前に、服の裏側に付いている洗濯表示を確認してください。ドライクリーニングの表示が付いているものは、原則としてクリーニング店に依頼することになります。自宅での手洗い・洗濯機洗いが出来るものであれば、クリーニング代を節約することができます。ただし、ドライクリーニングしか出来ないという表示の物でも、自宅で洗えるものもあります。

素材やデザインにも注意

洗濯をクリーニング店に依頼する場合、カシミヤ・シルクなどの高級素材や、仕上げに手間のかかる綿・麻製品は、クリーニング代金が高くなる場合があります。また、ヒダの入ったスカートやフリルの付いたブラウス、ビーズ飾りの付いた服が高くなるクリーニング店もあります。

利用しているクリーニング店の料金システムを把握して、なるべくお金のかからない服を選びましょう。シンプルなデザインの服や、ポリエステル素材などのシワになりにくい服ならば、自宅洗いのあとの仕上げも簡単です。

ワンポイントの毛皮・皮革にご用心

最近では安価で楽しめる毛皮や皮革製品が多く売られていますが、クリーニング代金は依然として高いままです。部分使いで革や毛皮が使われている洋服は、それだけで高額なクリーニング代がかかってしまうこともありますので注意して選びましょう。

クリーニング回数を減らす工夫

汚さないための工夫でクリーニング回数を減らして節約しましょう。

綺麗を保つために

オーバーやセーターなど直接肌に触れない服は着用後ブラシなどで表面の汚れを落とし、陰干ししてから仕舞いましょう。市販の消臭・除菌スプレーを使うのも効果的です。

シミを作らないために

首回り、袖ぐりの黒ずみや、食べこぼしを防ぐために、防水スプレーが有効です。着用前にスプレーしておけば、汚れの付着を軽減することが出来ます。食事の際に前掛けをするのも良いでしょう。

もしシミを付けてしまったら

市販のしみ抜き剤を使って自己処理をするのも一つの手ですが、かえってシミをこじらせてしまったり、輪染みを作ってしまったり、色抜けしてしまったり…といった失敗が多く見受けられます。

その結果、しみ抜きが難しくなって別料金を請求されたり、最悪の場合はお洋服をダメにしてしまうこともあります。シミを付けてしまったら、潔く速やかにクリーニング店に相談しましょう。それが、被害を最小限に抑えるポイントです。

クリーニング代金を減らす工夫

服を預ける際の一言で、クリーニング代をちょっとお安くすることもできます。

子供の服は自己申告

150、160サイズなど、パッと見では大人の服とあまり変わらない子供服は、受付の店員さんが子供服だと気付かない場合もあります。「子供の服なのですが」と一言添えてみましょう。お店の規定にもよりますが、安くなる可能性があります。

普段着も自己申告

カシミヤ、シルクなどの高級素材の服でも、普段着に使っているのであまり高い代金は払いたくない…というものであれば、受付時に「普通の扱いで構わない」と伝えてみましょう。これもお店によりけりですが、安くなる場合があります。

自宅洗いのちょっとしたコツ

クリーニング代節約のキモは、なんといってもクリーニング店を利用しないこと、すなわち自宅洗いです。大きな声では言えませんが、大抵の洋服は自宅洗いが可能です。もちろん結果は自己責任なので、初めは失敗しても諦めの付く服で経験を積むことをお勧めしますが、慣れてくると服を見れば洗い方の見当がつくようになります。

ここでは自宅洗いのちょっとしたコツをご紹介します。

ネット+手洗いモード

洗濯時の服への負担を軽くするため、お洋服はネットに入れて、洗濯機の手洗いモード(ドライモード)で洗いましょう。ボタンやビーズ飾りなどの破損が心配な時は、アルミ箔で保護するか、ネットを二重、三重にすると安心です。洗剤はホームクリーニング用の洗剤がベストです。

適切な干し方をする

  • セーターなどの型崩れしやすい洋服

平干し用のネットを使って干すのがお勧めです。平干しネットを買うお金も節約したい場合は、複数のハンガーに渡すようにして干しても良いです。

  • コットンのシャツ、ブラウスなどシワが付きやすい洋服

脱水時間を短めにしてビショビショの状態からハンガーに吊るして干すと、水の重さでシワが伸びるのでアイロンがけの手間が省けます。

  • ダウン、毛布など厚手の洋服

表面が乾いていても中が湿っている可能性があるので、じっくり干しましょう。乾燥機があればベストです。ふっくら仕上がるので一石二鳥です。

  • 縫い糸にレーヨンが使われている洋服

洗濯によって糸が縮みます。糸の周りがシボシボとシワっぽくなりますので、濡れているうちに引っ張って伸ばしましょう。

防水加工をするには?

ジャンバーやコートなどの防水加工も自分でやってしまいましょう。市販の防水スプレーでじゅうぶんです。ひととおりスプレーした後、乾燥させてから重ね付けをするとより強力な防水になります。

おわりに

防水や消臭・除菌などのスプレーは、お洋服との相性によって変色、脱色などのトラブルを起こすことがあります。必ず、目立たない箇所で試してから使うようにしてください。それでは、楽しい節約ライフを!

(Photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120709205850 4ffac77a4a4e6

本記事は、2012年07月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る