生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結婚生活で心得ておきたいこと

結婚生活で心得ておきたいこと

2012年07月18日作成

 views

はじめに

出会った二人が様々な経験をしてついに結婚。いざ二人で結婚生活を始めようとすると色々あるとは思っていてもびっくりすることが沢山。

ここでは著者の経験から「こんなことも頭に入れておきましょう」というものをご紹介します。事前に参考にすることで「こんなこともあるんだ」と思っておいてもらえたらのちのち役に立つと思います。

著者は結婚して14年、共稼ぎの夫婦です。小学生の子供が二人います。実体験に基づきこの記事を書いています。

結婚生活とは

私が経験した「結婚生活とはこんなもの」、というのをご紹介します。

お互いがお互いの生活習慣を持ち寄るのが結婚生活

旦那さんには旦那さんの、奥さんには奥さんの生活がありましたよね。それが結婚すると自分だけのルールではもちろんいけません。

ご飯を炊く時の水分の量や洗濯物の干し方、寝る時間や食器の並べ方など、ありとあらゆるものに違いがあります。結婚生活は二人の生活を一つにすることが最初の一歩。

二人で生活するのならどっちの生活スタイルを取り入れるのが良いのかはよく相談するほうがいいと思います。女性の目線も大事、男性の目線も大事です。結婚生活の初めに決めたルールというのは結婚後長い間影響力があるものです。どちらかが我慢する、ということのないようにきっちり相談をしましょう。

親戚づき合いも大切な結婚生活

旦那さん(奥さん)の家に嫁ぐ、というイメージでの結婚生活を考えすぎると義理の親子関係、親戚関係というのは非常に疲れてしまうものになってしまいます。

結婚して二人で生活を始めたのなら自分の親も相手の親、兄弟、親戚もすべて「自分の親戚が増えた」と思って接するほうがいいです。「私は親戚と結婚したわけじゃない」という考え方で結婚生活を始めると、色々な場面での親戚づきあいが気疲れしてしまうものに。

兄弟の結婚式や不幸での集まり、子供が生まれれば誕生祝いに入学祝いなど、何かと親戚というのは助けてくれる存在。大事にしていきましょう。

男は仕事?女は家事?

著者の場合、結婚生活は共稼ぎでスタートしたこともあり、二人で仕事しているんだから二人で家事をこなして当たり前という状態でした。その時にコメの研ぎ方からお皿の洗い方、掃除の仕方などを教えてもらったことが、出産、育児の時に大変役立ちました。

古い考え方で「男は仕事、女は家事」というのは都会から離れるといまだに存在しているものです。共稼ぎに理解をなかなかしてもらえないご両親もあるかもしれません。しかし、大事なのは「二人がこれからどういう生活をしていくか」です。しっかりと話し合ってお互いをフォローしあえる関係を作っていきましょう。

おわりに

愛しあう二人が一緒になるのだからきっとうまくいくと思う結婚生活。しかしいざ始めてみると「2つのバラバラの人生を一つにまとめていくような」悩みとか迷いというのは必ず出てくるものです。

でもそれはこれから長く続く二人のための大事な通過点。お互いの事を考え「おもいやりの心」を持って解決していけばきっとうまくいくと思います。

この記事が何かの役に立てれば嬉しいです。

(photo by http://www.ashinari.com/2012/05/25-362509.php?category=266

この記事で使われている画像一覧

  • 20120714230626 50017ce28e360

本記事は、2012年07月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る